Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
NIGHT TIME MUSIC / THE B.T. PUPPY STORY

NIGHT TIME MUSIC / THE B.T. PUPPY STORY

-REV-OLA / CR REV 38-
1. LOVE AFFAIR OF TWO HAPPY PEOPLE...THE SUNDAE TRAIN
2. SING SWEET BARBARA...THE SUNDAE TRAIN
3. SCENES (FROM ANOTHER WORLD)...THE SCENE
4. FIRST SPRING RAIN...WE UGLY DOGS
5. I WANNA BE...THE SUNDAE TRAIN
6. MISTER SNAIL...MARGO, MARGO, MEDRESS & SIEGEL
7. WAKE UP (SLEEPY GIRL)...THE SUNDAE TRAIN
8. POOR MAN...CANTERBURY MUSIC FESTIVAL
9. AMANDA'S MAN...AMANDA AMBROSE
10. SWEET PAJAMAS...THE ROCK GARDEN
11. OH, TO GET AWAY...RANDY & THE RAINBOWS
12. GREEN PLANT...THE STEEPLE PEOPLE
13. OH, KATHY...THE STEEPLE PEOPLE
14. GIRL ON A SWING...BOB MIRANDA
15. NIGHT TIME MUSIC...THE MAJIC SHIP
16. I COULD BE...THE TOKENS
17. SO GLAD...BEVERLY WARREN
18. I'LL BE SEEING YOU...RANDY & THE RAINBOWS
19. PERHAPS THE JOY OF GIVING...THE ROCK GARDEN
20. PEACE...THE LOLLIPOP TREE

 
 これまた楽しくて超素敵なポップ・コンピレーションだ。前のWHITE WHALEのと「PHANTOM JUKEBOX」というシリーズのVOL.IIなんだけど、そんなに期待してなかった分、余計にぶっ飛ばされて実はこっちのがリピート数は勝ってるし、ほら何となくテンションも高いでしょ?! B.T. PUPPYというのは「ライオンは寝ている」等で知られるザ・トーケンズというポップ・グループが設立し、ハプニングスってグループが大成功を収めて、そこそこ頑張ってすぐ閉じちゃったレーベルなのだけど。このコンピは「ハプニングスだけだと思ったら大間違いだぞ!」ってことをこれでもかと教えてくれたハーモニー・ポップの宝庫! ここんとこキレイキレイなハーモニーって食傷気味だったんだけど(汗)、再び浸らなくては居られないよーな気分になっちゃってますよ。もうすぐ春だし、ウキウキムードにもピッタリ来るわけだ(^^)。
 
 何が凄いってノッケのTHE SUNDAE TRAINですわ。こんな名曲、こんなマニアック・コンピに初めてCD化(?)されるような存在じゃないよね〜〜。 いや〜参った!こんな良い曲出てくるなんて心の準備出来てなかったよ。どうしたらいいのかと思うくらい素晴らしすぎる曲なのだ。でね、次のもベタ〜って聞き惚れちゃう甘いハーモニー・ポップで、我慢できずガサゴソ電車ん中でライナー開いちゃったじゃないの。 ケッコー恥ずかしいんだなこれが。1965年ペンシルベニアで結成されたのだそうで、ノッケの大名曲はメンバーの一人が書いてるんだね。他に3曲入ってるけど、何かこっちも記載されてる順番がおかしいんだな、2は合ってるみたいだけど、5→6、6→7、7→5なんじゃないの??。あたしの英語力でもあんなハッキリ題名出てくれば判っちゃうぞ。記載は7だけど実際は5の「WAKE UP (SLEEPY GIRL)」も最高にチャーミング! 5って書いてあるけどホントは6かもしれない「I WANNA BE」は最初あんま・・・って思わせといて何度か聴くうちやっぱり素敵なんだよね。サンダエって日本語読みするのかサンデイって読ませるのか判んないけど、飛ばしちゃったけど間に挟まった3はマイナーなメロディアスな佳曲で、4も気が弱そうなヴォーカルで大人しいんだけどほっとけない曲。9も緊迫感あって印象的。10も楽しい。14はジェリー&ザ・ペースメイカーズのヒット曲として知られる曲だけど、オリジナルはハプニングスで、ここにはヴォーカリストのソロ・ヴァージョンが入ってますね。自作だったんだ、何と品の良い美しいバラードなのでしょう!それにシンガーとしての実力は格段ですね。このコンピの表題にも使われた15のほのぼのムードにも超メロメロになってしまって、胸キュン状態でライナー見ちゃったりして。たった1曲しか録音されなかったニューヨーク・ベースのクインテットTHE MAJIC SHIPの貴重音源に首っ丈になってしまった。マイナー・グループの曲に夢中になるとツライよね(?!)。御大トーケンズの16も良いが、もっと良いのは気になる女の子シンガー歌うキュートな17。ラストはこちらもインストでイージー・リスニング風なピースフル・チューン。心地よさこれ以上望めない大満足のCDだ(^^)。