Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
RIPPLES VOLUME 2 / DREAMTIME (BRITISH SUNSHINE POP)



1. MAJOR TO MINOR...THE SETTLERS
2. POPCORN DOUBLE FEATURE...THE SEARCHERS
3. YOU'VE GOT TO BE LOVED...THE MONTANAS
4. HE'S IN TOWN...THE ROKIN' BERRIES
5. LONELY MAN...THE LANCASTRIANS
6. IN MY ROOM...THE FATOTUMS
7. HOME OF THE BRAVE...PEANUT
8. SUMMER LOVE...THE WEDGEWOODS
9. TODAY IS THE HIGHWAY...THE RAMBLERS TWO
10. I WON'T BE AROUND ANYMORE...THE CHOSEN FEW
11. FUNNY HOW LOVE CAN BE...THE IVY LEAGUE
12. SOMETIME IN THE MORNING...BARLEY-BREE
13. LOOKING IN WINDOWS...JOHN SUMMERS
14. MR. DIEINGLY SAD...THE OTHERS
15. SUN SUNSHINE...AUTUMN

16. SALLY GO ROUND THE ROSES...DEE KING
17. IT'S YOUR TURN TO CRY...JOHN CARTER & TERRY KENNEDY
18. EASY SAID EASY DONE...THE FACTOTUMS
19. WESTERN UNION...THE SEARCHERS
20. SHE'S NOT LIKE ANY GIRL...THE ROKIN' BERRIES
21. RUNNING ROUND IN CIRCLES...THE IVY LEAGUE
22. PATTERN PEOPLE...THE BYSTANDERS
23. SO MUCH TO LOOK FORWARD TO...THE CHOSEN FEW
24. EVERYONE KNOWS...TREV GORDON
25. MAKE UP YOUR MIND...THE BYSTANDERS
26. SAMMY ...THE MONTANAS
27. MAKE IT WITH YOU...THE FRESMEN
28. ONE UP ON ME...THE SMALL FOUR
29. I HEAR TRUMPETS BLOW...EPISODE SIX
30. DREAMTIME...RAINBOW PEOPLE

-SEQUEL / NEMCD 427-
 
 昨年夏のBGMだったRipplesシリーズのVol.2をご紹介しましょう。Vol.1は昨年度のCDトップ10で紹介済だけど、Vol.2も同様に聴き応えバツグンの名ハーモニー・ポップ揃いで早く紹介しなければと思っていた。どういったコンピかということはVol.1を紹介したところで散々書いたが、個人的感覚では、同じサマー・タイプのポップ・ミュージックでも明るくサニーなVol.1とは少し異なるエレガントで“クール”な爽やかさを持ち味にした曲調の作品が多い。くつろぎのミディアム・バラードが大半で、アップ・テンポものもあるがクールさは失わない、優雅で美しく洗練されたポップ・ワールド。5★は大げさでも何でもない。こんな粒ぞろいのコンピには滅多に出会えない、夏だけでなく、ポップス・ファンのオール・シーズン必聴盤である。
 
 さて、この辺で私の特にお気に入りでもご紹介させていただきましょう。どれも良くて困っちゃうなぁ。まずは何といってもWelcome to the Elegant Summer Pop World!!と出迎えてくれるシリーズを代表するような名曲1、2も洗練されたハーモニーを聴かせる名ポップ。フォークから脱皮したこの頃のサーチャーズはいいね。このページに書いた絶賛形容詞すべてを兼ね備えた名曲中の名曲3。モンタナスはこっちでも紹介してます。イギリスのハプニングス(又はトーケンズ)といった雰囲気のロッキン・ベリーズの大ヒット4。名ガール・ポップ7、繊細でキュートなポップ・フォーク8、極めつけの超美曲11、ビューティフル・ハーモニーでモンキーズの隠れ名曲をカバーした12。リラックス・ミディアム・ポップの13。クリッターズの小粋なカバー14。ジェイネッツの完コピ?・カバー16。ファイヴ・アメリカンズの爽やかカバー19。心洗われるヴォーカルにうっとりの20。さすが有名グループ実力を感じさせる21。Vol.1、2曲めであまりの名曲を聴かされ個人的“要注目”してるThe Bystanders。難しいのでは?と思われる5th Dimensionをカバー。Vol.2ではちょっぴり異色かつユニークな曲調の24。地味な印象でも可憐な小作品28。Vol.2中唯一?キャッチーな29。と、ほとんど全部なのでしたー…。
 
 このシリーズはヒット・チャートではお目にかかれない無名グループも多数混ざっているが、とても売れなかったとは思えない佳曲ばかりなのが驚異。正に“選りすぐり”の華麗なるハーモニー・ポップ・ミュージックがひしめいている。SEQUEL RECORDは今年(2000年)は何をやってくれるのだろう。取りあえずもうすぐ発売されるであろうシリーズVol.5 & Vol.6に大きな期待! 引き続きVol.3もどうぞ!。