Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
RIPPLES VOLUME 3/ THE AUTUMN ALMANAC



1. (THE MAN FROM THE) MARRIAGE GUIDANCE & ADVICE BUREAU...THE KNACK
2. FROSTED PANES...THE KYTES
3. DON'T MAKE PROMISES(YOU CAN'T KEEP)...PETER NELSON
4. END OF THE SEASON...THE UGLYS
5. BARTERERS AND THEIR WIVES...THE ROCKIN' BERRIES
6. TILL WINTER FOLLOWS SPRING...THE SETTLERS
7. SECOND HAND DEALER...THE SEACHERS
8. THE WIND CALLS...TONY JORDAN
9. THAT'S WHY I'M CRYING...THE IVY LEAGUE
10. I WON'T HURT YOU...NEO MAYA
11. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN)...THE FRUGAL SOUND
12. THE SUMMER AY REFLECTION SONG...DONOVAN
13. THE SUN HAS GONE...THE BEATMEN
14. TAKE MY HAND...THE MONTANAS
15. MORNING DEW...EPISODE SIX

16. THANK GOODNESS FOR THE RAIN...PEANUT
17. CLOUDY...THE FACTOTUMS
18. DON'T WORRY BABY...THE IVY LEAGUE
19. JUST TO SEE YOU SMILE...THE FRESHMEN
20. BROKEN BICYCLE...KES WYNDHAM
21. AUTUMN ALMANAC...THE KINKS
22. I'M ON YOUR SIDE...THE FRUGAL SOUND
23. GOODBYE MY LOVE...THE SEARCHERS
24. SEPTEMBER IN THE RAIN...THE WEDGWOODS
25. HERE, THERE AND EVERYWHERE...EPISODE SIX
26. FINE WHITE STALLION...MIKE HAZELWOOD
27. SO SAD (TO WATCH GOOD LOVE GO BAD)...THE GREENBEATS
28 JACKIE...SIGHT & SOUND
29. LOOKING BACK...WEST COAST CONSORTIUM
30. THE DAWN...JAMES GALT

-SEQUEL / NEMCD 454-
 
 Vol.3はいつから発売されていたのか知らないのだが、入手したのは昨年暮れ。“秋”の特集なのに秋に聴けなかったのはちょっと悔やまれるが、こちらもVol.1,2同様、ポップス・ファン・オール・シーズン御用達の儚く・淋しげで・センチメンタルなフォーエヴァー・オータム・ポップ・チューン大集合。「秋はひとりぼっち」な(って失礼だよな)アナタにピッタリの1人でも100人分楽しめる?独り占めしちゃいたいようなCDであります。メランコリック・ムードな時は?“THE 60S SOFT ROCK AND FOLK BAROQUE SOUNDS OF THE UK. AUTUMN POP GEMS"を聴きまくって寒い冬も心暖めて乗り切ろう!
 
 と、いうわけで、この辺でマイ・フェイバリット・チューンを紹介させていただきます。先ずは、まるでサイモン&ガーファンクルのようなアコースティックでフォーク色の強い1(結婚式にも使える?!)、典型的フォーク・シンガー・タイプの淡々としてシンプルな3(この人、後にフラワー・ポットメンとホワイト・プレインズのメンバーになるらしい。押さえとこう!)、さすがレイ・デイヴィス作といった一聴で耳奪う個性派リラックス・ムードのミディアム・ポップ(小鳥のさえずり可愛い!)4、Vol.2ノッケでノッケ・アウトしてくれた“あの”グループのシーカーズっぽい爽やかポップ・フォーク・チューン6、アレンジがイカすかげりある曲調が魅力の7、ソフト&ジェントル・ポップの8、淋し〜い感じが秋ですねの13、でも、淋し〜い雰囲気を吹き飛ばす明るい14もステキ。切ない(いや、超切な〜〜い)ガール・ポップ16。このグループってカバーの選曲はイイんだけど、今まで演奏がどーも素人で何かなーって思ってたけど、コレは良かったサークルのカバー17(意味不明な文ですね、適当に切って読んで下さい)。カバーの選曲も演奏力も文句なしの18。Vol.1の1曲めも強烈だったが、またまたいきなりキャッチーなサビでウキウキ盛り上がる究極ポップの19(この曲がベストかな)。転調カラフル秋色ポップなタイトル・チューン21。秋っぽいか?という疑問は大いにあるが、楽しげな男女混合ハーモニーのグレイト・ポップ24。秋はやっぱりエヴァリー・ブラザーズだね!(と個人的に思っている)な27。といったところを自信を持ってお薦めします。
 
 VOL.3にもなると全然無名のはずのグループも何度めかの登場ですっかりお馴染みになってくるが、3度目にして“まだあるかー!”の名ポップの嵐。それにしても60年代パイ・レーベルってこんなにハーモニー・ミュージックの宝庫だったんだね(驚!)。これじゃVOL.6聴くまで死んでも死にきれない(笑)。そんな貴重音源をリマスターされた素晴らしい音質で聴ける今の世の中…。つくづく、私“オールディーズ・ファン”で良かった(^−^)V。 引き続きVol.4もお楽しみあれ!!。