Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
★★★★ BEST CD 2005

CAMEO PARKWAY STORY 1957-1967 / VARIOUS ARTISTS
TWO YANKS IN ENGLAND, GONE GONE GONE, IN OUR IMAGE, THE NEW ALBUM / THE EVERLY BROTHERS
CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD SPECIAL EDITION / PAUL McCARTNEY
WHAT I REALLY WANT FOR CHRISTMAS / BRIAN WILSON
THE MERRY-GO-ROUND LISTEN, LISTEN: THE DEFINITIVE COLLECTION
ミスター・マンデイ〜ベスト・オブ・オリジナル・キャスト One Tin Soldier
 
今年は「10枚」に拘らず、よく聴いたものを気ままに取り上げています。
 
CAMEO PARKWAY STORY 1957-1967 / VARIOUS ARTISTS
Disc 1
1. Butterfly...Charlie Gracie 2. Fabulous...Charlie Gracie 3. Race For Time...Jerry Arnold & The Rhythm Captains 4. Sing Sing Sing...Bernie Lowe Orchestra 5. You're The Greatest...Billy Scott 6. Over The Weekend...The Playboys 7. Night Time...Pete Antell 8. Memory Lane...The Hippies (Formerly The Tams) 9. Silhouettes...The Rays 10. Daddy Cool...The Rays 11. Back To School Again...Timmie Rogers 12. The Class...Chubby Checker 13. Bad Motorcycle...The Storey Sisters 14. Shake A Hand...Mike Pedicin Quintet 15. Dinner With Drac Part 1...John Zacherle 16. Mexican Hat Rock...The Applejacks 17. Nine More Miles...Georgie Young and The Rockin' Bocs 18. Birds And Bees...The Temptations 19. Two Weeks With Pay...Georgie Young and The Rockin' Bocs 20. Rocka-Conga...The Applejacks 21. Kissin' Time...Bobby Rydell 22. We Got Love...Bobby Rydell 23. The Twist...Chubby Checker 24. Wild One...Bobby Rydell 25. Swingin' School...Bobby Rydell 26. Pony Time...Chubby Checker 27. Teach Me To Twist...Chubby Checker & Bobby Rydell 28. Let's Twist Again...Chubby Checker 29. Bristol Stomp...The Dovells 30. The Wah Watusi...The Orlons 31. Merry Christmas...The Cameos
Disc 2
1. Slow Twistin'...Chubby Checker (with Dee Dee Sharp) 2. Mashed Potato Time...Dee Dee Sharp 3. Gravy (For My Mashed Potatoes)...Dee Dee Sharp 4. Don't Hang Up...The Orlons 5. Ride...Dee Dee Sharp 6. Do The New Continental...The Dovells 7. The Popeye Waddle...Don Covay 8. Limbo Rock...Chubby Checker 9. The Cha Cha Cha...Bobby Rydell 10. Volare...Bobby Rydell 11. Sweet Georgia Brown...The Carroll Brothers 12. Back To School One More Time...Jerry Blavat & The Yon Teenagers 13. (I'm The Girl From) Wolverton Mountain...Jo Ann Campbell 14. Rowdy...Clint Eastwood 15. Forget Him...Bobby Rydell 16. Mother Please!...Jo Ann Campbell 17. Come On And Dance With Me...Billy Abbott and The Jewels 18. Groovy Baby...Billy Abbott and The Jewels 19. The Jam Part 1...Bobby Gregg and His Friends 20. You Can't Sit Down...The Dovells 21. South Street...The Orlons 22. Everybody South Street...The Taffys 23. Do The Bird...Dee Dee Sharp 24. Not Me...The Orlons 25. Cross Fire!...The Orlons 26. (Everybody Do) The Swim...The Marlins 27. The 81...Candy and The Kisses 28. Daydreamin' Of You...The Dreamers 29. The Boy With The Beatle Hair...The Swans 30. Jingle Bell Rock...Chubby Checker & Bobby Rydell
Disc 3
1. So Much In Love...The Tymes 2. Wonderful! Wonderful!...The Tymes 3. I'll Be True...Johnny Maestro 4. When We Get Married...The Dreamlovers 5. Somewhere...The Tymes 6. Hey Good Lookin'...Billy Abbott And The Jewels 7. Just One Chance...The Sparkletones 8. You'll Never Walk Alone...Patti Labelle And The Blue Belles 9. Danny Boy...Patti Labelle And The Blue Belles 10. Cast Your Fate To The Wind...Sounds Orchestral 11. It Only Took A Minute...Joe Brown And The Bruvvers 12. Long Tall Sally...The Kinks 13. Boys...Peter Best 14. You Still Want Me...The Kinks 15. Funny How Love Can Be...The Ivy League 16. Tossing & Turning...The Ivy League 17. She's Fallen In Love With The Monster Man...Screamin' Lord Sutch & The Savages 18. Wild Thing...Senator Bobby 19. Little White House...Len Barry 20. Fool, Fool, Fool...Joey And The Flips 21. Girl From New York City...The GTOs 22. Society Girl...The Rag Dolls 23. Soldier Baby Of Mine...Candy And The Kisses 24. S.O.S. (Heart In Distress)...Christine Cooper 25. Because Of My Heart...Frankie Beverly And The Butlers 26. Heartaches Away My Boy...Christine Cooper 27. Got To Run...Vickie Baines 28. My Boy...The Stylettes 29. White Christmas (3 O'Clock Weather Report)...Bobby The Poet
Disc 4
1. Angel Of The Morning...Evie Sands 2. The Love Of A Boy...Evie Sands 3. This Can't Be True...Eddie Holman 4. World Of Fantasy...The Five Stairsteps 5. Come Back...The Five Stairsteps 6. Am I A Loser...Eddie Holman 7. Danger! She's A Stranger...The Five Stairsteps 8. Meet Me In Church...Bobby Marchan 9. You've Been Untrue...The Delfonics 10. Get A Hold Of Yourself...The Persians 11. He Don't Really Love You...The Delfonics 12. The Sweetest Thing This Side Of Heaven...Chris Bartley 13. The Grass Will Sing For You...Lonnie Youngblood 14. I (Who Have Nothing)...Terry Knight and The Pack 15. Beg, Borrow And Steal...Ohio Express 16. 96 Tears...? & The Mysterians 17. I Need Somebody...? & The Mysterians 18. East Side Story...Bob Seger 19. Can't Get Enough Of You, Baby...? & The Mysterians 20. Respect...The Rationals 21. Shake Your Tambourine...Bobby Marchan 22. Let The Good Times Roll & Feel So Good...Bunny Sigler 23. Heavy Music Part 1...Bob Seger and The Last Heard 24. Lovey Dovey / You're So Fine...Bunny Sigler 25. Sock It To Me Santa...Bob Seger and The Last Heard





BOBBY RYDELL


THE TYMES

今年はとにかく「カメオ/パークウェイ」CD化万歳!!!に尽きた。みんなもモチロン買ったよね? 買ってないとオールディーズ・ファン失格だぞ〜! というのは冗談だけど、もーちょっと盛り上がってもいいんじゃないかな?というのが正直なところ。GGOで散々(恥)書きました! ヘヴィ・ロテにも回し物みたいなバナーでアピールしました! そしてトドメがココ5★ということで、堂々トップに紹介! 手元に届いたとき、いや、発売されることを知ったその日からこのBOXはこの位置くる運命は決まっていたのだ。最初はワ〜〜!!!!!ってなって「手に入れた」ということに対する喜びで盛り上がってたけど、それが段々「聴けた」ことへの喜びに変わり、聴くたびごとに喜びが増してきて、最近になっても嬉しくてしょっちゅうプレイヤーに載せています。それにしてもいきなり4枚組BOXですよ!今か今かと待ち構えていた大物アーティストの主要曲は勿論、名前を聴いたことも無いようなマニアックなレア・シングルまで一挙に全貌が明らかになった超豪華盤!!! 音の悪いコンピや得たいの知れないベストのようなもので我慢する日が漸く終了しただけでなく、いざ届いても「聞き込むのが大変」という思いもよらぬ楽しい悩みつきですよぉー\(^〇^)/ ”シングル”大好き!コンピレーション大好き!っていう 「カメオ/パークウェイの音源を待っているような音楽ファン」の心理を見事に判ってるんだね、ABKCOは! 各曲についてふれるのはG.G.Oでやったし、これからもやるだろうしでここでは割愛します。短くてよかったでしょ? かえって印象に残るらしいからね。(って全然短いと感じられてなかったりして・・・)
BOXの下のBOBBY RYDELLとTHE TYMESの個別CDは、全7枚買った中でこの2枚以外は「資料的存在として所有していたい」のに対し、「本当によく聴いた」という意味で載せておいた。BOBBYの方は最終的にはコンプリートを目指したいというくらいのフェイバリット・シンガーなので選ばれたのは当然であるが、TYMESは「想定外」で、BOXに入ってる曲以外にも心に届く良いサウンドを聴かせてくれ、「SO MUCH IN LOVE」以外の曲ももっと多くの人に聴いてもらい、良さを知ってもらえたらと強く願っている。
最後に、カメオ・パークウェイというレーベルはハッキリ言って 「オールディーズ」です。ビートルズ以前が全盛期の「古き(良き)音楽」です。イマイチ盛り上がらないのはそのせいでしょう。オールディーズのイメージを「古めかしい」とか「ダサイ」と決めつけて、自分はそんなものより「レベルの高い」曲じゃないと受け入れられない、なんて意見に惑わされていませんか?わたしがこんなHPに何を書いても無駄なのは判っているけど、この素晴らしい楽曲たちを前にして何もせずにいられません。 貴方にはもっと好きになれる曲があります! その曲はきっとこの「カメオ/パークウェイ」BOXの中にも入っているでしょう。
 
Page Top
EVERLY BROTHERS ★★★★★ ALBUM 2005!
TWO YANKS IN ENGLAND
1. Somebody Help Me, 2. So Lonely, 3. Kiss Your Man Goodbye, 4. Signs That Will Never Change, 5. Like Everytime Before, 6. Pretty Flamingo, 7. I've Been Wrong Before, 8. Have You Ever Loved Somebody, 9. Collector, The 10. Don't Run And Hide ,11. FiFi The Flea, 12. Hard Hard Year

GONE GONE GONE
1. Donna, Donna, 2. Lonely Island , 3. Facts Of Life, The , 4. Ain't That Lovin' You Baby , 5. Love Is All I Need , 6. Torture , 7. The Drop Out , 8. Radio And TV , 9. Honolulu , 10. It's Been A Long Dry Spell , 11. Ferris Wheel, The , 12. Gone, Gone, Gone
IN OUR IMAGE
1 Leave My Girl Alone , 2 (Why Am I) Chained to A Memory , 3 I'll Never Get Over You , 4 Doll House Is Empty, The , 5 Glitter And Gold , 6 Power Of Love (You Got) The , 7 Price Of Love, The , 8 It's All Over , 9 I Used To Love You , 10 Lovey Kravezit , 11 June Is As Gold As December , 12 It Only Costs A Dime
THE NEW ALBUM
1. Silent Treatment , 2. Dancing On My Feet , 3. Gran Mamou , 4. Burma Shave , 5. Nancy's Minuet , 6. He's Got My Sympathy , 7. Little Hollywood Girl , 8. Omaha , 9. Empty Boxes , 10. I Can't Say Goodbye , 11. Nothing Matters But You , 12. When Snowflakes Fall In The Summer , 13. I'll Se Your Light , 14. Why Not ,
本当にエヴァリーはいいなぁ・・・。なんて素敵なハーモニーなんだろ。1アーティスト1回ずつというのがわたしの理想なのですが・・・、そううまくいかないこともありまして、今回ばかりは4枚同時選出という異例バージョンになりました。もっとたくさん発売になってるし、今では素敵な2 ON 1 CDも無事発売されたんで、AMAZONなどで調べていただければと思いますが、わたしはこの4枚のアルバムの中で「最も好きな」「理想的な」エヴァリー・ブラザーズにたっくさん出会えました!!!でも、エヴァリーズ・ ファンの間でどのアルバムが最も評価されてるんだろ? 興味あるところだなぁ。もっともっと取り上げて欲しいアーティストの1つなんだよね。「レコ・コレ」はちょっと期待したんだけど・・・。もし、貴方がエヴァリーズのアルバムを買ったファンだったらそっと教えてね!
さて、1番上に掲載してる「TWO YANKS IN ENGLAND」は、当初例年通りベスト10形式でやろうと考えてたとき、この1枚に決めようと思っていた作品です。理由はG.G.O.の方でもふれたけど、RHINOのBOX SET「Heartaches & Harmony 」を買い、エヴァリー・ブラザーズに本格的に興味持ち始めた頃、すでに大好きだったホリーズの曲をカバーしているアルバムがあることを知り、「聴かずに死ねるか!」と10年以上思い続けていた執念の(こわ〜)CD化だったからです! なので、これまた発売になったときから聴く前からこの位置にくることは決まっていたのですね! 実際聴いてみてモチロン感動し、何度も聴いてたんですが、ほとぼりさめたころ、他のヤツも徐々に聴き始め、「聴いた内容」で判断し「TWO YANKS...」に匹敵(それ以上?)に、感動させてくれるアルバムがありましたありました! 最終的にこの3枚は甲乙つけがたい。「ポップで華のある、キャッチー&メロディアスな」楽曲が多く、この状態をわたしは「エヴァリー・マジック」と名づけたんだけど(笑)、「スウィート&テンダーで爽やかな聴き心地でいながら包み込むように温かいドリーミーなハーモニー」が心を癒し続けてくれるんだ〜。そんな効き目たっぷりの曲がこれらの作品に多く収められている(とわたしは思う)。
というわけで、最後にわたしの「エヴァリー・マジック・ベスト3」をそれぞれのアルバムからセレクトして終わりにしましょう。初CD化、G.G.O.に入れてない曲を選んでいるよ! ●「GONE GONE GONE」より、 2. Lonely Island 、5. Love Is All I Need、8. Radio And TV ●「IN OUR IMAGE」より、 2 (Why Am I)Chained to A Memory 、 5 Glitter And Gold 、8 It's All Over ●「THE NEW ALBUM」より、6. He's Got My Sympathy , 7. Little Hollywood Girl、10. I Can't Say Goodbye、14. Why Not
 
Page Top
CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD SPECIAL EDITION / PAUL McCARTNEY
1.Fine Line, 2.How Kind of You, 3.Jenny Wren, 4.At the Mercy, 5.Friends to Go, 6.English Tea, 7.Too Much Rain, 8.A Certain Softness, 9.Riding to Vanity Fair, 10.Follow Me, 11.Promise to You Girl, 12.This Never Happened Before, 13.Anyway, 14. She Is So Beautiful

ポールはやっぱりポールだった!!!! 一発でポールの曲って判るのばかり。1曲目から肩の凝らない軽快なキャッチー・ビート・ポップで始まり、続く珠玉のメロディーの数々に今度こそ本当にポールの最高傑作じゃないか!と思った方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。ポールの新作を聴くといつも前作以上に素晴らしく感じられるからスゴイんだよね。あんなにたくさん素敵なメロディーを生み出したのにまだあったんだね! また聴かせてくれたんだね! 長年ポップスを聴き続け、いろんなメロディーに出会ってきた。でもわたしにとってはこの作品で聴けるようなポールの世界に最も居心地のよさを感じる。馴染んだサウンドなのに新鮮に楽しませてくれるて、ポールは歳を取っているのに、サウンドはいつも若々しい。今回は激しいロックは1つもなく、同系色の穏やかなトーンで占められているのも特徴で、ポールのアルバムでこういう曲調のがもっと入ってたらいいなぁ・・・、と常々思っていたことだったので個人的には大歓迎! 「シンプルな美しいメロディー」ばかり聴けるアルバムなんてそう他にはないだろう。 わたしの特に好きなナンバーは、全部です!と言いたいくらいだけど、3.Jenny Wrenの「BLACKBIRD」っぽさは素直に嬉しかったし、「FOR NO ONE」を意識したサウンドに心ときめく6.English Teaにもメロメロ。わたしはビートルズ時代からポール作のこういった小作品的小粋なポップ・チューンが大好きだったんだ。この曲を挟むロック調(ジョージ・ハリスン調?)の5.Friends to Go、 ブライアンの「SMiLE」に触発されて作られたと言われるメロウな7.Too Much Rain この部分が最も好み! 10.Follow Meも昔ながらのアルバムに必ず入ってる小作品って感じでジーンときちゃうし、13.Anywayも出ました!本格バラードってヤツで素直に感動してしまう。また、シークレット・トラック(インスト)も楽しい!
 
Page Top
WHAT I REALLY WANT FOR CHRISTMAS / BRIAN WILSON
1.The Man With All The Toys, 2.What I Really Want For Christmas, 3.God Rest Ye Merry Gentlemen, 4.O Holy Night. 5.We Wish You A Merry Christmas, 6.Hark The Herald Angels Sing, 7.It Came Upon A Midnight Clear, 8.First Noel, 9.Christmasey
10.Little Saint Nick, 11.Deck The Halls, 12.Auld Lang Syne

--bonus tracks--

13.On Christmas Day, 14.Joy To The World, 15.Silent Night
今年もまたブライアンに出会えた! クリスマス・アルバムを出してくれるなんて、嬉しいじゃないですか♪ な〜んてブライアンの作品なら、アンタなんでも嬉しいんだろ?ってそーなんだけど・・・(^^;)。 でもやっぱりブライアンは本当に良いんだよね〜、なんでこんなにわたし好みなんだろ? わたしのことなんて何も知らないのに・・・聴いてると心がひとつになってる気がするんだよね。ブライアンの曲を聴いてると自然に心がオープンになって麗しいトーンでいっぱいに満たしてくれる。音楽に夢中になれる・・・なんて幸せなんだろう。12月始め〜クリスマス当日まで毎日のように聴いて、冷静になってくると、さらに曲への愛が深まっていくんだよね。 このアルバムに収録されてるほとんどがクリスマスの時期どこかで知らず知らず耳にしてるスタンダード・ナンバーなんだけど、こういった曲が耳に入ってくるとああクリスマスなんだな〜って雰囲気を感じはするものの「良い曲だな〜」という感覚で聴いてるわけではない。それがブライアンの手にかかるとどんな題材でも「極上ポップス」にアレンジされて、こんなに素晴らしいものだったとは・・・!!! と改めて気づかせてくれた。新曲としての生粋ポップ・クリスマスもバーニー・トーピンやジム・ウェッブと組んで傑作を生み出したが、カバー扱いのその他スタンダードのインパクトも大きかった。ブライアンのノビノビとした大らかなヴォーカルも存在感あって心に響くし、それを引き立てるハーモニーも絶好調。こんな良いならクリスマスのとき以外にも聴いていたい!って本気で思ってしまう。往年のビーチ・ボーイズ・ナンバーのセルフ・カヴァーもファンへのサービスとしてこれほど相応しいものはない。ポップス・ファンにとって最高のクリスマス・プレゼントだったね!
 
Page Top
THE MERRY-GO-ROUND LISTEN, LISTEN: THE DEFINITIVE COLLECTION
1.LIVE, 2.TIME WILL SHOW THE WISER, 3.ON YOUR WAY OUT, 4.GONNA FIGHT THE WAR, 5.HAD TO RUN AROUND, 6.WE'RE IN LOVE, 7.YOU'RE A VERY LOVELY WOMAN, 8.WHERE HAVE YOU BEEN ALL OF MY LIFE, 9.EARLY IN THE MORNING, 10.LOW DOWN, 11.CLOWN'S NO GOOD, 12.GONNA LEAVE YOU ALONE (KATO/RHODES), 13.MOTHER EARTH, 14.PARDON ME, 15.TEXTILE FACTORY, 16.SOMEONE DIED, 17.COME RIDE, COME RIDE, 18.LET'S ALL SING, 19.HOLLY PARK, 20.MARY WILL YOU TAKE MY HAND, 21.THE MAN HE WAS, 22.IN DAYS OF OLD, 23.'TIL THE DAY AFTER, 24.SATURDAY NIGHT, 25.SHE LAUGHED LOUD, 26.LISTEN, LISTEN, 27.MISSING YOU, 28.HIGHWAY, 29. TIME WILL SHOW THE WISER (mono 45)
このメリーゴーラウンドは今までの人たちと比べると格段に・・・失礼。でも、わたしは中心メンバーだったエミット・ローズの才能は彼らに充分対抗できると思っており、一部に熱烈なファンはいるものの過小評価されたままであることを残念に思っている。なぜ一部にしか認められないのか、ソロでのレコードジャケットに写る彼の姿が余りにも「普通の人」に見えてしまったことで、何となく判った。彼はただ音楽的才能に超恵まれていただけで、それを図々しく売り込めるスター向きの性格ではなかった。それに人(バンド)付き合いも苦手だったから何でも1人でやったほうが気が楽だったのかもしれない。もっと自分をアピールでき、人を上手く使うことが出来たら・・・・・。でも、そんなエミット・ローズだったらわたしは好きにならないだろう。何とかもっと評価されて欲しいと願って止まないアーティストである。って中々本題に入れませんが(汗)、このCDは、メリーゴーラウンドの唯一のアルバムから全曲(1−12)と、エミットのアルバムで日本では数年前CD化になっている「AN AMERICAN DREAM」から全曲(13−24)と、その他67,8年にレコーディングされたレア楽曲を収録したまさにDEFINITIVE COLLECTION。メリーゴーラウンド時代から殆どの曲をエミットが書いており、ヴォーカルを担当しているが、全米チャート最高63位を記録した1曲目「LIVE」は名曲中の名曲。他は、この時期の多くのバンド同様のビートルズを彷彿させるナンバーばかりなのでその辺に注目してる人は押さえておきたい。個人的には4.GONNA FIGHT THE WAR, 6.WE'RE IN LOVE, 10.LOW DOWN あたりがお気に入りで、近年入手困難になっていた26.LISTEN, LISTEN, 27.MISSING YOUの収録も嬉しい。そしてさらにラスト29. TIME WILL SHOW THE WISER (mono 45) にはシークレット・トラックでビーチ・ボーイズ・ファンにビッグ・サプライズもありですよ!
 
Page Top
ミスター・マンデイ〜ベスト・オブ・オリジナル・キャスト One Tin Soldier
1. One Tin Soldier 天使の兵隊, 2. Mr. Monday ミスター・マンデイ , 3. Country Song カントリー・ソング , 4. A Picture Of Bob Dylan ボブ・ディランの肖像 , 5. Nothing Can Touch Me 私は一人 , 6. Leavin’ It All Behind 愛する未来に歌おう , 7. Watch The Children 子供達のように , 8. Highway ハイウェイ , 9. Sweet Chicago スイート・シカゴ , 10. Live For Tomorrow 明日に生きよう , (bonus tracks) , 11. Come Together カム・トゥギャザー , 12. Ain’t That Tellin’ You People 虹を架けよう , 13. When Love Is Near 朝焼けの二人 , 14. Come Together (Live) カム・トゥギャザー(ライヴ)

オリジナル・キャストは、70年代に洋楽ファンだった日本人には大変馴染み深い、タイトル曲の大ヒットで知られるカナダの5人組ポップ・グループである。当時日本では来日公演が何度も行われるくらい凄まじい人気があり「マニア感涙!!」とあるようにリアルタイムの洋楽ポップス・マニアの待ち望んでいた「超待望の世界初」CD化でした。が、一方、日本でしか人気がなかったため、オールディーズに興味のある方でも後追いになると中々知る機会がないような、有名だけど新しく知るのは結構難しいグループなのかもしれません。わたしの場合も参考書は全米ヒットチャートだったため、自力ではラジオで「ミスター・マンデイ」を聴いたぐらいの知識しか得られませんでした。しかし幸いなことにインターネットの時代になり、熱心なファンの方と知り合い、その方の影響で興味を持つようになりました。その方の尽力でついにCD化が実現したことを心から祝福しています。また、個人的に興味を持った理由としては、彼らの楽曲は超お気に入りのソングライター・コンビ、デニス・ランバート&ブライアン・ポッターが作り、プロデュースをしている!というのがあります。ポップでキャッチー路線なのにすごい説得力があるんだよね。彼らの作った曲なら何でも聴きたい!というくらい信頼しているソングライターの曲がこのCDには8曲も収められているんです! これはもう買う前からココに掲載される運命でしょう(^^)。さすがに良い曲が多く、紅一点ディクシー・リー・イネスのしなやかでいてパワフルなヴォーカルも聴けば聴くほど魅力的! 日本人には特に親しみを感じるサウンドとも取れるが、70年ごろの全米チャートの上位にランクされているヒット・ポップスに溶け込む印象も充分なんだよね・・・。
というわけで、 最もわたしの気に入っているナンバーは、5. Nothing Can Touch Me 私は一人 , メロディアスな6. Leavin’ It All Behind 愛する未来に歌おう , 7. Watch The Children 子供達のように , 12. Ain’t That Tellin’ You People 虹を架けよう , 13. When Love Is Near 朝焼けの二人 ,あたりでしょうか。13はポール・ウィリアムス&ロジャー・ニコルスの作品(GGOにも掲載)であるが、この雰囲気も素晴らしく、もう何曲か制作されていたらなぁと思ってしまう。