Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
ENDLESS HARMONY SOUNDTRACK /THE BEACH BOYS



1. SOULFUL OLD MAN SUNSHINE
  (writing session excerpt)
2. SOULFUL OLD MAN SUNSHINE
3. RADIO CONCERT PROMO 1
4. MEDLEY: SURFIN' SAFARI / FUN, FUN, FUN / SHUT DOWN / LITTLE DEUCE COUPE / SURFIN U.S.A.
  (Live -1966)
5. SURFER GIRL (Binaural Mix)
6. HELP ME, RHONDA (Aalternate Single Version)
7. KISS ME, BABY (Stereo Remix)
8. CALIFORNIA GIRLS (Stereo Remix)
9. GOOD VIBRATIONS (Live -1968 Rehearsal)
10. HEROES AND VILLAINS (Demo)
11. HEROES AND VILLAINS (Live)
12. GOD ONLY KNOWS (Live -1967 Rehearsal)
13. RADIO CONCERT PROMO 2

14. DARLIN' (Live -1980)
15. WONDERFUL / DON'T WORRY, BILL (Live -1972)
16. DO IT AGAIN (Early Version)
17. BREAK AWAY (Demo)
18. SAIL PLANE SONG
19. LOOP DE LOOP (Flip Flop Flyin' In An Aeroplane)
20. BARBARA
21. 'TIL I DIE (Alternate Mix)
22. LONG PROMISED ROAD (Live -1972)
23. ALL ALONE
24. BRIAN'S BACK
25. ENDLESS HARMONY (From Keepin' The Summer Alive)
-EMI / TOCP-50720-

 「エンドレス・ハーモニー」…なんと彼らにピッタリのタイトルなのだろう。永遠に響き渡る美しいハーモニー、永遠に聴き続けたい素晴らしいハーモニー、永遠に消えない感動的なハーモニー…。
 
今年はビーチ・ボーイズ・ファンにとって泣いたり笑ったり非常に話題の豊富な年でしたね。この調子で来年は1970年代、ブラザー/リプリーズの音源再発にスポットが当たれば文句ないんだけどな。というわけで2位に輝いたのがこちら。ネットを通じてたくさんのビーチ・ボーイズ・ファンに出会い、このCDについては皆さん、深く(?)語り合いましたよね。で、ほとんどの方が1番心を奪われたっていうのが、2の未発表曲。サンレイズというビーチ・ボーイズのクローン・バンドのメンバー、リック・ヘンとブライアンの共作っていうのが興味深いんだけど、まさかこんな名曲を作っていたとは! この1曲でBB5はどれだけ価値のある作品を未発表にしていたかってことが一目(耳?)瞭然で解かってしまう。公式にリリースされて何よりだ。後、未発表曲というのは19、20、23、24であり、個人的には、マイク作、サビのカールのヴォーカルが耳を奪う23が超お気に入りだ。7、8のトゥルー・ステレオでは、山よりも高く、海よりも深く、空よりも広い(笑)ゴールデン・ハーモニーに圧倒されまくり、はたまたあまりにも完成された未発表トラック5、6、17で完璧にノック・アウト…、迫力満点の14など何度リピートしたことか。片時も耳を離せない、最初から最後までときめかされっぱなしの私であった。なんかね、聴き終わった後、達成感があるというか、生まれ変わったっていうか、うーん、うまく言えないなぁ(でも、BBファンの方分かってくれるよね(笑)?)。 絶対普通じゃないアルバムなんだな、これが。このCDを聴いて改めて、ビーチ・ボーイズは誰にもマネできない最高に優れた武器(ハーモニー)をもつ最強のポップス・クリエイターだと思った。今までこのHPを通して狭いボキャを駆使しながらあらゆる表現で彼らを絶賛してきたつもりだが、1度として過言だと思ったことはない。
 
“カールなしでは、もはやビーチ・ボーイズの存続は無理”という記事をよく目にするが、ずっと解散を否定しつづけ、立派にブライアンの跡継ぎをしていた彼なしでビーチ・ボーイズを続けて欲しいとは私も思えない。でも、こうなったらジャケットに写る5人が元気に活動していた時の埋もれた作品をもっともっと積極的に公式盤としてリリースしていかなければいけないと思う。今回はドキュメンタリーのサウンド・トラックという形だったが、「エンドレス・ハーモニー」のシリーズ化を強く希望する。懇願する。35年の歴史を持つハーモニーはまだまだに終わらない。