Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
THE COUNTRY ROCKIN' TRUST presents WILD HORSES
「カントリー・ロックの逆襲‘98」



-POLYDOR / POCP-1685-
1. COUNTRY BOY...ALBERT LEE
2. ALREADY GONE...ROB STRANDLUND
3. CRAZY LOVE...RITA COOLIDGE
4. ONE TIME ON ENIGHT...LOS LOBOS
5. THAT'S THE STORY OF MY LIFE...THE VELVET UNDERGROUND
6. COUNTRY GIRL...OZAARK MOUNTAIN DAREDEVILS
7. THE VIRGIN...GENE CLARK
8. CALEDONIA STEAM PACKET CO....CALLACHER & LYLE
9. WILD HORSES...FLYING BURRITO BROTHERS
10. MOHAIR SAM...TOM JONES
11. ANGELS...BODEANS
12. WITH CARE FROM SOMEONE...DILLARD & CLARK
13. PARTY PARTY...EGGS OVER EASY
14. GEORGIA RHYTHM...ATLANTA RHYTHM SECTION
15. NO NO SONG...HOYT AXTON
16. LOST HORIZONS...GIM BLOSSOMS
17. SLEEPLESES NIGHTS...GRAM PARSONS

 
 やっぱしね、そんな予感してたんだ。私ってノセられやすいでしょ(知らんがなぁ)。結局6社分全部買っちゃって、すっかりカントリー・ロックってヤツにハマってやんの。おまけにTシャツまでもらっちゃって(結構自慢(爆笑)。いろんなとこで言いふらしてんの、いいでしょー)そんなことどーだっていいんだっつうんだけど、今年は私にとっても(めでたく?)カントリー・ロック元年となりました。“カントリー・ロック”って言葉はここ数年よく聴くようになったけど、ブレイク!となったのは、今年のオールディーズ再発界の一大イベントである「名盤探検隊」シリーズのよもやの大ヒットがあったからであろう。カントリー・ロック系のアーティストの隠れた名アルバムが次々蘇り、その姉妹品(?)といった雰囲気で初心者に分かりやすく登場したのがこの「カントリー・ロックの逆襲‘98」シリーズである。1960年代後半〜1990年代後半という長い期間の中で様々なアーティストの比較的とっつきやすいナンバー(といってもヒット・シングルは少なく、アルバム収録曲が多い)ばかり収録されていて、これからカントリー・ロックを聴いてみようかなぁ、と興味を持ちはじめたばかりの人に打ってつけの入門盤と言える。9月〜11月にかけて大手レコード会社6社から(ソニー、ワーナー、EMI、ユニバーサル、ポリドール、マーキュリー)リリース。現在好評発売中というわけで、選出にあたり、どれも本当にゴキゲン麗しくて困りましたがここには最近1番聴いてるポリドール盤を代表して上に紹介しました。
 
特にお気に入りはソニー盤:"PICKIN' UP THE PIECES / POCO", "I CAN HELP / BILLY SWAN", "CABALLO DIABLO / THE CHARLIE DANIELS BAND", "A SONG FOR YOU / IDHA", ◎"CALIFORNIA IN THE PINES / MICHAEL MURPHEY" ワーナー盤:◎"TAKE IT EASY / JACKSON BROWNE", "SHOOT FOR THE MOON / POCO", "NEVER ENDING SONG OF LOVE / DELANEY & BONNIE & FRIENDS", "DOWN IN THE CHURCHYARD / CHRIS HILLMAN", "SILVER THREADS AND GOLDEN NEEDLES / LINDA RONSTADT", "KIND WOMAN / BUFFALO SPRINGFIELD" 東芝EMI盤:"SOME OF SHELLY'S BLUES / NITTY GRITTY DIRT BAND", "DON'T EVER CHANGE / BRINSLEY SCHWARTZ", CARRY ME BACK / THE VENTURES, "COTTON FIELDS / THE BEACH BOYS", ◎"LET ME DOWN EASY / AMERICAN FLYER" ユニバーサル盤:"GUITAR TOWN / STEVE EARLE", "EXCUSE ME WHILE I BREAKE MY OWN HEART TONIGHT / WHISKEYTOWN", ◎"I LOVE THE WAY YOU LOVE (THE WAY I LOVE YOU) / SIR DOUG & THE TEXAS TORNADOS", "REBELS / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS", "DRIFT AWAY / DOBIE GRAY" ポリドール盤:"COUNTRY BOY / ALBERT LEE", "ALREADY GONE / ROBB STRANDLUND", ◎"CRAZY LOVE / RITA COOLIDGE", "ONE TIME ONE NIGHT / LOS LOBOS", "OZARK MOUNTAIN DAREDEVILS / COUNTRY GIRL", "THE VIRGIN / GENE CLARK" マーキュリー盤:"RAMBLIN' MAN / ALLMAN BROTHERS BAND", ◎"A PATCH & PAIN KILLER / BOYER & TALTON", "LET ME LOVE YOU TONIGHT / PURE PRAIRIE LEAGUE", "KENTUCKY HEADHUNTERS / ROCK 'N' ROLL ANGEL", "SON OF A PREACHER MAN / DUSTY SPRINGFEILD"と、まぁこんなとこ。◎は1番好きな曲。というわけで「続・カントリー・ロックの逆襲’99」も期待してます(笑)。
このシリーズにご興味持たれた方は「カントリー・ロックの小部屋」にもどうぞ。
 
 
追記:2000年に続編4枚発売されました!