Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
ELVIS BALLADS II / ELVIS PRESLEY



1. MARY IN THE MORNING
2. SOLITARE
3. LOVE LETTERS
4. IT'S NOW OR NEVER
5. I'VE LOST YOU
6. LOVING ARMS
7. ANGEL
8. BLUE HAWAII
9. I MET HER TODAY
10. I MISS YOU
11. THE FIRST TIME EVER I SAW YOUR FACE
12. NEVER AGAIN
13. SUSPICION
14. YOU'VE LOST THAT LOVING FEELING
15. SEPARATE WAYS
16. BRIDGE OVER TROUBLED WATER
17. DO YOU KNOW WHO I AM
18. WORDS
19. LOVING YOU (SLOW VERSION TAKE 1)
20. SOLDIER BOY
21. FOR THE GOOD TIMES
22. SWEET ANGELINE
23. THAT'S WHEN YOUR HEARTACHES BEGIN
24. MY WAY
25. CAN'T HELP FALLING IN LOVE (MOVIE VERSION)
-BMG / BVCM-31057-
 
 
 「声で癒されるとすれば、それはエルヴィスかも知れない」これは、このCDに貼られているシールの謳い文句である。コレを最初見て、癒しブームに便乗させて売ろうってか。何でもかんでも癒し、癒しって、エルヴィスとたれパンダを一緒にするなー!! と思ったのは私だけだろうか。しかし、音楽を聴いて私は本当に癒されてしまった。そして、今まで何百回もエルヴィスの音楽を聴いているにも係わらず、癒されていることに全く気付いていなかったことにも驚いた。エルヴィスの曲を聴いて心も体もリラックスして、何も怖いものはないと思ったり、このままどうなってもいいや、と気が大きくなったり、心の乱れや怒りが急に治まったり、悩み事すら楽しく感じたりするのは、もはや、私にとって当たり前のことになっていたのかもしれない。こりゃいけない。このCD聴いて改めてエルヴィスの音楽の有難味を実感した。お馴染みの曲、アルバムの中の隠れた曲、ライヴ・・・、中には癒すどころか圧倒的なヴォーカル・パワーを見せつける曲もあるが、個人的には「Love Letters」「Angel」「Blue Hawaii」「Suspicion」「That's When Your Heartaches Begin」辺りに弱い。特に「Angel」(僕のエンジェル))は初CD化ということで、初めて聴いて一瞬でときめいてしまった。「Pocketful Of Rainbow」のような甘くロマンチックな素晴らしいバラードだ。 先日、物凄い強風の寒い日に残業してしまった。何度も吹き飛ばされそうになりながら、何とか家の前に辿り着いた時、ラストの曲、「Can't Help Falling In Love」(Movie Version)が始まった。エルヴィス、めちゃくちゃ優しかった。「声で癒されるとすれば、それはエルヴィスかも知れない」本当にそう思った。
 
ちょっと前にHMVの「オールディーズ」売上ランキング上位の載ってるページを見たら、なんとなんと!この「エルヴィス・バラードII」が1に輝いていた。他にも今年のクリスマスに聴きまくった「ピース・イン・ザ・ヴァリー〜コンプリート・ゴスペル・コレクション」までランクされているし、「バラード」(1)や、「ロックンロール」までしぶとく居るではないか・・・。エルヴィスきてるねー(祝)! もうすぐ1月8日も来るしぃ。 みんなエルヴィスに癒されたいんですね。