Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
SUNSHINE GIRL - POLYDOR SOFT ROCK COLLECTION




-POLYDOR / POCP-1683-
 

1. SUNSHINE GIRL...PARADE
2. THE DRIFTER...ROGER NICHOLS & A SMALL CIRCLE OF FRIENDS
3. YOU'RE A VERY LOVELY WOMAN...THE MERRY-GO-ROUND
4. FALLIN' LADY...PUNCH
5. SUNSHINE SUPERMAN...SHANGO
6. SING IN THE SUNSHINE...THE BROTHERHOOD OF MAN
7. THE RAIN, THE PARK AND OTHER THINGS...THE COWSILLS
8. HURTING EACH OTHER...RUBY AND THE ROMANTICS
9. SMALL TALK...CLAUDINE LONGET
10. SIMONE...ENGLAND DAN AND JOHN FORD COLEY
11. BEYOND THE VALLEY OF DOLLS...THE SANDPIPERS
12. DON'T GO BREAKING MY HEART...ROGER NICHOLS & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS
13. MY BABY LOVES LOVIN'...THE WHITE PLAINS
14. UNITED WE STAND...THE BROTHERHOOD OF MAN
15. WE CAN FLY...THE COWSILLS
16. FLY, LITTLE WHITE DOVE, FLY...THE BELLS
17. LIVE...THE MERRY-GO-ROUND
18. IN A MOMENT OF MADNESS...THE WHITE PLAINS
19. STAY AWHILE...THE BELLS
20. CAROLINE, NO...NICK DeCARO AND ORCHESTRA


 
 今度は“ソフト・ロック”。数年前からジワジワハマり始め、今年、本格ブレイク間近ってとこまで来た。この分だと多分、来年ピークかな。いい再発頼むぜ!ってなわけで、カントリー・ロックと交互に聴いたりしてる。以外に小粒なバンドが多く、クオリティーも高いので、ヴァレーズやライノから多種類のコンピレーションCDがリリースされている。が、しかし!この“ソフト・ロック”の再発や研究にかけては、日本負けてないと思う。いや、どの国よりも勝ってると言っていいかも。後出の“ハーモニー・グラス”や“モンタナス”には充分ハマったし、“フリー・デザイン”、“ジグソー”も良かった。日本にはなんといってもVANDAがあるからね。VANDAの影響でヴァレーズは“ソフト・ロック”に力入れてるみたいなこと書いてあったし…。というわけで、名曲揃いの“ソフト・ロック・コンピ”に浮かれる今日この頃である。どこまでも耳障りの良いハーモニー&メロディ。あまりに親しみやすくて思わず口ずさんでしまう、理屈抜きで楽しめるポップ・チューンのオン・パレード。全米大ヒットから隠れた名曲までマニアからビギナーまで満足のいく幅広い選曲だ。
 
 特にお気に入りは、これぞソフト・ロック!な1、とっても陽気な6、名レイン・ソング7(邦題「雨に消えた初恋」)、カーペンターズの大ヒットでお馴染みの8(こっちのが好き)、レスリー・ゴーアの歌でも知られるボナー&ゴードン作の9、日本だけの大ヒット10(邦題「シーモンの涙」)、グリーナウェイ&クックがソングライトとプロデュースを手がけ、トニー・バロウズが歌ったイギリスのスタジオ・バンドのキャッチーな13(邦題「恋に恋して」)、18、そしてカナダのポップ・グループの可憐な16(邦題「幸せの小鳩」)など夢心地だ。