Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
we are the '80s / ウィ・アー・ザ・エイティーズ 3




-POLYDOR / POCP-1603-
1.Venus / Bananarama
2.Mr. Roboto / Styx
3.I've Never Been To Me / Charlene
4.My Ever Changing Moods / The Style Council
5.Steppin' Out / Joe Jackson
6.Lessons In Love / Level 42
7.Goin' Back To China / Diesel
8.The Captain Of Her Heart / Double
9.Night Birds / Shakatak
10.More Than Just The Two Of Us / Sneaker
11.Jamaica / Bobby Caldwell
12.Fame / Irene Cara
13.Far From Over / Frank Stallone
14.Somebody's Watching Me / Rockwell
15.I Know What Boys Like / The Waitresses
16.Young At Heart / The Bluebells
17.I Surrender / Rainbow
18.Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

 
 1995年〜96年にかけて、国内大手レコード会社7社から発売された'80s洋楽ヒット・ポップス満載のコンピレーションCDをご紹介しましょう。
中途半端に古くて、ポップス・ファンから見放されがちだった'80sも、11年〜20年も前の作品になり、すでにスタンダードとなって、いろんなアーティストにカヴァーされる曲も多く見られるようになった。 喜ばしいことに、今、我が青春の'80sポップスが、再評価されはじめているようだ。このタイミングを逃すな!とばかりに、紹介するこのシリーズは、現在発売されている'80sコンピでは先駆かつ、最強。定番ヒッツ、チャート・ファン向き、一発屋、嬉し恥ずかし日本のみのヒット等、米・英・日でのヒット曲が網羅。80年代の洋楽がいろいろ揃っており、入門者も、リアル・タイマーも、逆・後追い(?)の方も、素晴らしき'80sポップスを心行くまで楽しめること間違いなし。 貴方も'80sになりませんか? (ここまでの文章は7枚共通です)
 
では、第三弾となった「渋めの選曲で迫る?!」ポリドール盤、簡単に曲紹介及び勝手に分類してみましょう。 (詳しくはリアルタイミーな 上柴とおる氏の解説を読みましょう)
 
分類1(定番米&日ヒッツ:この分類には、米ビルボードで大ヒットし、日本でもヒット、洋楽ファンに知名度のある曲が入ります):
1(1986年全米チャート最高1位。イギリスの女性トリオ、原曲カヴァー共に全米1)、2(1983年全米チャート最高3位。シカゴのロック・バンド、歌詞に印象的な日本語)、3(邦題「愛はかげろうのように」。1982年全米チャート最高3位、ハリウッドの女性シンガー、一発屋)、12(1980年全米チャート最高4位、N.Y.の女性シンガー兼アクトレス、初ヒット)、13(1983年全米チャート最高10位、フィラデルフィアの男性シンガー、ロッキーの人の弟、一発屋) 、14(1984年全米チャート最高2位。デトロイトの男性R&Bシンガー、ベリー・ゴーディ、Jrの息子)、18(1982年全米チャート9週連続1位。超大物男女インスタント・デュオ、同名映画の主題歌)
 
分類2(定番米ヒッツ:米ビルボードで大ヒットしたが、私の独断でヒット・チャート・ファン以外日本では知られてなさそうな曲が入ります):
4(1984年全米チャート最高29位、イギリスのデュオ、全米初&唯一のヒット)、5(1982年全米チャート最高6位。イギリスのSSW、最大のヒット)、6(1987年全米チャート最高12位、イギリスのポップ・ファンク・バンド、2番目の全米ヒット)、8(1986年全米チャート最高16位。スイスのデュオ、一発屋)、10(邦題「想い出のスニーカー」。1981年全米チャート最高34位。L.A.のロック・グループ、ウエストコースト・ファンに高い人気)
 
分類3(日本で〔本国以上に〕大ヒットした曲が入ります):
7(1980年日本語カヴァーと共にヒット。オランダのロック・グループ)、11(1982年、本国(全米105位)以上に日本で人気のある曲。N.Y.のSSW)
 
分類4(英国で大ヒットした曲〔条件:全米でTOP40入りしていない曲〕が入ります)
9(1982年全英チャート最高9位、イギリスのフュージョン系男女グループ)、16(1984年全英チャート最高8位〔1993年にリバイバル1〕、スコットランドのロック・グループ)、17(1981年全英チャート最高3位、イギリスのハード・ロック・バンド、最大のヒット)
 
分類5(知るヒトぞ知る?!全米TOP40圏外のノー・ヒットが入ります)
15(邦題「男のコたちが好きなもの知ってるわ」。1982年全米チャート最高62位。オハイオの紅一点女性ニューウェイヴ・バンド、一発屋)
 
いかがでしょうか? 私の青春時代のポップスは、今聴いても、ノリノリで、クールで、ナカナカのものでしょ!(とは、いったものの、この盤も、ほとんど後追い・・・)