Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
we are the '80s / ウィ・アー・ザ・エイティーズ 4




-WEA / WPCR-773-
1.Take On Me / A-HA
2.Owner Of A Lonely Heart / YES
3.New Song / Howard Jones
4.Relax / Frankie Goes To Hollywood
5.Drive / Cars
6.Since Yesterday / Strawberry Switchblade
7.Sea Of Love / The Honeydrippers
8.You Can't Hurry Love / Phil Collins
9.Arthur's Theme (Best That You Can Do) /Christopher Cross
10.Steal Away / Robbie Dupree
11.Theme From "Greatest American Hero" (Believe It Or Not) /
   Joey Scarbury
12.The Rose / Bette Midler
13.I Feel For You / Chaka Khan
14.Feeling Like We're Strangers Again / Wilson Brothers
15.Who'll Be The Fool Tonight / Larsen - Feiten Band
16.Put Away Your Love / Alessi
17.California Girls / David Lee Roth
18.Waiting For A Girl Like You / Foreigner
19.The Glamorous Life / Sheila E.
20.Two Of Hearts / Stacy Q
21.Stay With Me / Peter Cetera

 
 1995年〜96年にかけて、国内大手レコード会社7社から発売された'80s洋楽ヒット・ポップス満載のコンピレーションCDをご紹介しましょう。
中途半端に古くて、ポップス・ファンから見放されがちだった'80sも、11年〜20年も前の作品になり、すでにスタンダードとなって、いろんなアーティストにカヴァーされる曲も多く見られるようになった。 喜ばしいことに、今、我が青春の'80sポップスが、再評価されはじめているようだ。このタイミングを逃すな!とばかりに、紹介するこのシリーズは、現在発売されている'80sコンピでは先駆かつ、最強。定番ヒッツ、チャート・ファン向き、一発屋、嬉し恥ずかし日本のみのヒット等、米・英・日でのヒット曲が網羅。80年代の洋楽がいろいろ揃っており、入門者も、リアル・タイマーも、逆・後追い(?)の方も、素晴らしき'80sポップスを心行くまで楽しめること間違いなし。 貴方も'80sになりませんか? 
(ここまでの文章は7枚共通です)
 
では、第四弾となった「個人的に1番好きな曲が多い」ワーナー盤、簡単に曲紹介及び勝手に分類してみましょう。(詳しくはリアルタイミーな 上柴とおる氏の解説を読みましょう)
 
分類1(定番米&日ヒッツ:この分類には、米ビルボードで大ヒットし、日本でもヒット、洋楽ファンに知名度のある曲が入ります):
1(1985年全米チャート最高1位。ノルウェーのポップ・トリオ、日本ではアイドル人気に。MTVも大ヒット)、2(邦題「ロンリー・ハート」、1984年全米チャート最高1位。イギリスのプログレ・バンド(だが、これはポップ)、最大のヒット)、3(1983年全米チャート最高27位〔全英3位〕。イギリスのSSW、日本では最も有名な曲)、4(1985年全米チャート最高10位〔英国1〕。イギリスのポップ・グループ、グループ名はシナトラから)、5(1984年全米チャート最高3位。ボストンのポップ・グループ、最大のヒット)、9(邦題「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」。1981年全米チャート最高1位。テキサスのSSW。映画「ミスター・アーサー」のテーマ。グラミー、アカデミー獲得)、10(邦題「ふたりだけの夜」。1980年全米チャート最高6位。ブルックリンのSSW)、11(邦題「グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ」。1981年全米チャート最高2位。カリフォルニアの男性シンガー。同名TVの主題歌)、12(1980年全米チャート最高3位。ニュージャージーのアクトレス兼シンガー、同名映画の主題歌)、18(邦題「ガール・ライク・ユー」。1982年全米チャート最高2位〔10週間キープ〕。イギリス人とアメリカ人の混ざったロック・グループ=だからフォリナー)、20(1986年全米チャート最高3位。L.A.の女性シンガー、一発屋、日本でも受けた、懐かしい)
 
分類2(定番米ヒッツ:米ビルボードで大ヒットしたが、私の独断でヒット・チャート・ファン以外日本では知られてなさそうな曲が入ります):
7(1985年全米チャート最高3位。スーパースター4人による一時的に組んだロック・グループ、CMソングにも)、8(邦題「恋はあせらず」。全米チャート最高10位。イギリスのグループ、ジェネシスのドラマー〔だが、それ以上にソロで活躍〕、初ヒット)、13(邦題「フィール・フォー・ユー」、1984年全米チャート最高3位、イリノイの女性R&Bシンガー)、15(邦題「今夜は気まぐれ」。1980年全米チャート最高29位。アメリカのデュオ。一発屋)、17(1985年全米チャート最高3位。カリフォルニアのハード・ロック・バンド、ヴァン・ヘイレンの(元)ヴォーカリスト、原曲も同じく3位)、19(1984年全米チャート最高7位。シスコの女性シンガー兼パーカッショニスト)
 
分類3(日本で〔本国以上に〕大ヒットした曲が入ります):
14(邦題「愛にひとりぼっち」。アメリカ(多分)の兄弟デュオ。日本特に大阪で大ヒット)、16(邦題「そよ風にくちづけ」、N.Y.の双子デュオ。全米チャート最高71位だが、日本のラジオでよく流れた)、21(1986年、日本のみの発売。日本の映画「竹取物語」の主題歌。元シカゴのヴォーカリスト)
 
分類4(英国で大ヒットした曲〔条件:全米でTOP40入りしていない曲〕が入ります)
6(邦題「ふたりのイエスタディ」、全英チャート最高5位。イギリスの女性デュオ、日本でも大ヒット)
 
いかがでしょうか? 私の青春時代のポップスは、今聴いても、ポップでキャッチーで、ナカナカのものでしょ!