181円 ASUS TeK サウンドボード PCI XONAR D2/PM XONAR D2/PM パソコン・周辺機器 PCパーツ サウンドカード サウンドボード,ASUS,D2/PM,パソコン・周辺機器 , PCパーツ , サウンドカード,181円,TeK,goodyoldies.com,PCI,XONAR,D2/PM,/Gortonite846532.html,XONAR 181円 ASUS TeK サウンドボード PCI XONAR D2/PM XONAR D2/PM パソコン・周辺機器 PCパーツ サウンドカード サウンドボード,ASUS,D2/PM,パソコン・周辺機器 , PCパーツ , サウンドカード,181円,TeK,goodyoldies.com,PCI,XONAR,D2/PM,/Gortonite846532.html,XONAR ASUS ハイクオリティ TeK サウンドボード PCI D2 XONAR PM ASUS ハイクオリティ TeK サウンドボード PCI D2 XONAR PM

ASUS ハイクオリティ TeK サウンドボード PCI 引出物 D2 XONAR PM

ASUS TeK サウンドボード PCI XONAR D2/PM XONAR D2/PM

181円

ASUS TeK サウンドボード PCI XONAR D2/PM XONAR D2/PM

商品の説明

商品紹介

【ASUS PCI サウンドボード】ASUSTek初の高音質サウンドボード。高音質でのゲームを楽しみたいゲームユーザー向け。

Amazonより

SN比118dBを実現したハイエンドサウンドカード
   Xonar D2/PMは、PCのオーディオ性能を飛躍的に高めることができるハイエンドサウンドカード。PCでのゲームプレイやPCで聞く音楽、PCで見る映画、デスクトップミュージックなどのオーディオ環境を劇的に変えることができる。本製品は、少ないCPU負荷で最高のオーディオ環境を実現するオーディオプロセッサー「ASUS AV200」、高性能なDAコンバーター「Burr-Brown PCM1796」を4基、ADコンバーターの「Cirrus Logic CS5381」、考え抜かれた回路設計など、サウンドカードとして理想的なハードウェア構成となっている。その結果、Xonar D2/PMは118dBという優れたSN比を実現することができ、あらゆる用途においてクリアなサウンドを提供することが可能となっている。

Dolby、DTSへの対応でPCがホームシアターになる
   Xonar D2/PMは、Dolby Headphone, Dolby Virtual Speaker, Dolby Pro Logic IIx, Dolby Digital LiveのDolby技術に対応している。これらを使用すれば、ヘッドホンでサラウンドを楽しむ、2chスピーカーで5.1chサラウンドを楽しむ、5.1chソースを7.1chサラウンドで楽しむ、PCとAV機器との接続によるサラウンド環境の構築、などゲームや映画を素晴らしいオーディオ環境で楽しむことができる。また、DTS Connect技術にも対応しており、DTS InteractiveとNeo:PCを使用できる。

3Dサウンドで迫力のゲームを楽しめる
   PCゲームでよく使われている3Dサウンド技術には、EAX 2.0/1.0, A3D 1.0, DirectSoundなどがある。Xonar D2/PMはこれらすべてに対応している。3Dシューティングでの臨場感ある音の動き、迫力ある音響効果など、Xonar D2/PMなら余すところなくユーザーにお届けする。

ノイズを抑える電磁波シールドを搭載
   Xonar D2/PMを覆う黒いカバーは飾りではない。黒いカバーは電磁波シールドの役割を持っており、PC内部で発生しているノイズの影響を受けにくくしている。

ALT技術でMP3/WMAに高音質変換
   ALT(Analog Loopback Transformation)技術は、音楽データなどをほぼそのままの音質でMP3またはWMA形式に変換する技術。ALTでは、音楽データをカード内部でアナログに変換し、それを直接録音する。これにより、たとえば購入した音楽データをわずらわしいケーブル接続などをすることなく、簡単にバックアップすることが可能になる。さらに、録音時にはDolby Headphone、Dolby Virtual Speaker、Smart Volume Normalizer(すべてのオーディオソースの音量を一定にする機能)を音楽データに適用することができる。高音質なだけでなく、S/P DIFの同軸/角型、MIDI端子など豊富な入出力端子も魅力となっている。

ASUS TeK サウンドボード PCI XONAR D2/PM XONAR D2/PM

ASUS独自のチップAV200(CMI8788にしか見えませんが)を搭載したサウンドカードです。ASUSとしては初のサウンドボードとなります。ASUSとC-Mediaの共同開発のAV200チップを搭載した正統派のサウンドカードです。使われているパーツにもコストが掛けられ、パーツ代だけならSe-200PCIとは比較にならないでしょう。サウンドデバイスのドライバは割と不安定な事が多いですが、そこは流石のASUS。初のサウンドボードのワリにはドライバが非常に安定しており、好感がもてます。音質は若干低音寄りでしょうか?中間が若干弱い様な気もします。最初は高音のシャリシャリ感が気になりましたが、3日ほど聞いていると耳が慣れたのが気にならなくなりました。低音は跳ねるような低音が特徴的で、PC用途ですとシアターPC向けの音だと思います。ONKYOのゆったりと聴く、というタイプの音ではないですね。ロックやポップス等に良く合いそうです。欠点は1つ目は価格が高いこと。最高でも15k前後で出せればもっと良かったと思います。2つ目は妙に多用されたLED。如何にもPCパーツ的でちょっと・・・3つ目はリレーの音。入出力変更等にリレーを使っているのですが、これがわりと響きます。再生中に切り替える事はないので、問題ないといえば無いんですが・・・4つ目は出力が光以外ステレオミニピンのみ、という所。これが私の中では最大でした。RCAがスペース的にキツイとは言え・・・せめてステレオプラグにはして欲しかったですね。そのくせ付属ケーブルはRCAgt;ステレオミニピンしか入ってないので、PCIという限られたスペースの問題という気もします。全体的には非常に良く出来たボードだと思います。値段が安ければもっとよかったですね。ドライバは安定していますし、コントロールパネルも使いやすいです。オマケソフトは・・付けすぎですね。制限が酷くて使い辛い物も多いですし。ただ、一体誰に手放しでオススメ出来るだろうか?と言われると少し難しいボード、ともいえます。この価格帯でリスニング用途だけに特化したボードならばSE200or90ですし、ゲームならSondBlaster一択です。ですがSE200は音質の為に柔軟性を犠牲にしてますし、SoundBlasterは好き嫌いの分かれる音と言う事でその中間にすべり込むボードなのかな?と思います。DTM用途にも使えますし。後1歩、煮詰め切れなかったという感はありますが、まだ1作目。この先が非常に期待できるボードです。
私は 音楽に詳しくもないし、作曲や編曲の趣味もありません。ただ、使用中のPCでは ぷちぷち とノイズ音が出てしまうので対策として本製品を購入。インストールしたのはドライバのみで、付属ソフトは使っておりません。製品を使っての感想は本製品の使用に当たり、ドライバインストールしたが 音設定の画面は 標準と何ら変わらずに拍子抜けで思わず システムの設定で動作を確認した位に変化なし。細かい音の違いや左右のスピーカーの音の違いが分かるようになった。追加でスピーカーを買い換えたくなった。といった所で値段相応の価値はあるものだと納得。

おすすめ

ランキング

  • 総合
  • 急上昇
  • 新登場
LINE BLOG公式アカウント@lineblog
公式アカウントと友だちになると、新しく追加される有名人ブログの情報が届きます。LINEならではの連動企画のご紹介もしていきます。
@lineblog QRコード