14750円,/atropia846539.html,ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】,DVD , ミュージック , ジャズ・フュージョン,goodyoldies.com 14750円 ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】 DVD ミュージック ジャズ・フュージョン 14750円 ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】 DVD ミュージック ジャズ・フュージョン 14750円,/atropia846539.html,ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】,DVD , ミュージック , ジャズ・フュージョン,goodyoldies.com ライヴ 感謝価格 アット ブルーノート東京 日本語字幕付 Blu-ray ライヴ 感謝価格 アット ブルーノート東京 日本語字幕付 Blu-ray

ライヴ 感謝価格 アット ブルーノート東京 トラスト 日本語字幕付 Blu-ray

ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】

14750円

ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】

商品の説明

内容紹介

リー・リトナー、マイク・スターンというUS西海岸、東海岸を代表するスーパー・ギタリストが夢の競演! サイモン・フィリップス、メルヴィン・デイヴィス、ジョン・ビーズリーらスーパー・ミュージシャン達とともに2011年2月にブルーノート東京で行われた白熱のパフォーマンス!【Blu-ray/日本独自商品/日本語字幕・日本語解説付】

スーパー・ギタリスト2人による夢の共演ライヴ!1980年代から名作を連発し名実共にトップギタリストとし君臨してきた西海岸、東海岸をそれぞれ代表するギタリスト、リー・リトナー、マイク・スターン。フュージョン・ギターを代表する2人の共演ライヴは初めてだが、その2人の公演にハイパー・ドラマー、サイモン・フィリップスが参戦!そのサイモンとベースに多弦ベースシスト・メルヴィン・デイヴィス、キーボードにマイルスバンド最後のキーボーディスト、ジョン・ビーズリーと完璧なリズム・セクションで臨むブルーノート東京公演!鬼のようなグルーヴを流れるような美しいブリージン・トーンでスウィングしまくるリトナーと、盛り上がって行くごとにトーンを変える“マイク・スターン三段活用”でクラウド達をロックしまくるプレイはさらに磨きがかかっている。ジャズ、フュージョン、ロック、ファンキーとあらゆる要素を包括したこのメンバーでしか出し得ないスーパー・プレイの数々を余す所なくシューティングした映像は、比類なきクオリティだ。バンド名にもなっているジェフ・ベック不朽の名曲「フリーウェイ・ジャム」で幕を開ける。サイモン・フィリップスのプレイを特典マルチアングル映像として収録!全ドラマー必見のスーパーショット!このスーパー・セッションが行われることになった経緯などをリー・リトナー、マイク・スターン他全メンバーが語ったスペシャル・インタビュー映像も収録(字幕付き)!

【パーソネル】
リー・リトナー (g) / マイク・スターン (g) / サイモン・フィリップス (ds) / ジョン・ビーズリー (key) / メルヴィン・デイヴィス (b)

▪ライヴ、インタビューの連続映像を再生することができます。
ライヴのみの映像、もしくはインタビューのみの映像をそれぞれ再生することもできます。
▪ボーナスとしてM-6、M-8のサイモン・フィリップス(ドラム)をフィーチャーしたアングルの映像を収録!

【仕様】
トールケース仕様 / 日本語解説付
映像:ライブ本編:約88分、ボーナス映像:約21分 / 日本語字幕付(焼き付け) / 16:9
音声:リニアPCMステレオ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

フュージョンギター界を代表するギタリスト、リー・リトナーとマイク・スターンの初共演ライブ。サイモン・フィリップスを筆頭とする完璧なリズムセクションと共に白熱のパフォーマンスを披露する。「Freeway Jam」「Lay It Down」ほか全8曲を収録。

ライヴ・アット・ブルーノート東京【Blu-ray/日本語字幕付】

さすが,ブルーレイ高画質でリーリトナーが見れるなんて最高です。35年前からレコードでリーリトナーを聞いています。こんなに身近になるなんて,感動しています。これからも期待して待っています。
マイク・スターンというと、やっぱりマイルス・バンドにいた時の『The man with the horn』や『We want Miles』とかの緊迫感と破壊力のあるロックギター演奏が印象鮮やか。それ以降、それ以外のなにを見ても、あまり追い詰められた感がなく、したがって緊迫感もなく、自分の土俵で、自分のやりたいことをただ演っているだけという気がしている。この人はやはり追い詰められて、どうしようもなくなって、野生の獣みたいになった時に、すごい演奏をしてくれる。リー・リトナーも、いつでも上手くて、そつなくて、75点以上のアルバムを作ってきているが、そこには100点越えの驚きや切迫感や、唖然とするような、音楽がひたすら独走していく様がない。ここでも、ふたりは「こんなに違う僕らが、こんなに息もピッタリで、ギターを弾きまくっているんだよ」という姿を見せているが、それ以上の何かではない。余裕の旦那芸を、手堅いバックと共に、見せられているだけという気がする。
2人での大物この共演のきっかけだったのが多数のギタ一リストが参加した「6strig theory」でリトナ一から共演して欲しいと依頼したとインタビュ一で答えています。いやびっくりリトナ一がこれだけほとんどの曲でエレキギタ一をばりばりかっこよく弾いています。スタ一ンとの共演と言うのもあったにせよ。凄く新鮮でした。リトナ一はメロウな音楽でアコギが多いのが印象が強いし今までのCDはばりばり全編エレキはありません。スタ一ンはどちらかと言うとロック色の強い音楽でこれまでリリ一スして来ました。異色の二人が共演しているのが特徴です。スタ一ンもインタビュ一で忙しいけどまたリ一とライブをしたいと言っていました。二人とも一緒にプレイしていてとても楽しいと言っていたので今後また日本でもライブが見れるかもしれません。期待したいです。とにかくリトナ一のエレキが堪能出来るのは初めてだししかもBDなので画質が最高なので大変貴重な作品です。本編は約90分です。残りは"DS"verの映像です。ただ残念だったのは予約していたのにもかかわらず発売して2週間も届くのに時間がかかった事です。本作品よっぽど在庫数が少ないのでしょう。
Mike Sternの一ファンとしてのレビューですので悪しからず。Ritの人脈・一声で実現したというこのユニット、結果としてRitの器用貧乏さだけが印象に残ってしまうのが残念。Mikeの曲はホーン抜き+Ritのside g.バージョンで、それを支えるBass, Dr, Keyも流石の手練れで結果、Mikeのあの世界そのものです。Ritの曲でもおなじみのメロウトーンで速いパッセージを流麗に弾きこなすRitの姿には思わず惚れ惚れしてしまいます。テーマとソロをとり合う場面もそれはそれで良いのですが、如何せん人脈以外の必然性が全く感じられず、逆にバトルみたいな緊張感もなし。予定調和って感じです。しばらくこのユニット続けたい、みたいなコメントもありましたが、思わず「それはないだろ!」と突っ込みそうになりました。Ritがインタビューで、ロック系の人間とギグをやりたかったみたいな云い方してましたが、確かにそうかも知らんが人前でそれ云っちゃう?的な‥で☆-1。場の雰囲気も併せたパフォーマンス、映像・音の収録・編集etc.とも絶対に期待を裏切らないと思います。
おすすめ動画
おすすめ同人誌