Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Goody Goody Oldies Vol.212 - I just want to tell you, how wonderful pop music is!
Issue Date: 08/24/2008
Vol.212 No.1 (Serial No.3697)
PICKETTYWITCH THAT SAME OLD FEELING THE COMPLETE RECORDINGS
VSCD-286711
SUMMERTIME FEELING
2:33 1971
PICKETTYWITCH
PICKETTYWITCH THAT SAME OLD FEELING THE COMPLETE RECORDINGS
[MACLEOD / REDWAY]
肌寒い日が続いておりますが・・・夏よ、あと1ヶ月は続いてくれ〜〜!という思いをこめてサマー・ソング強行します(といっても少しだけどネ)。さて、今号オープニングはいつもよりちょっと抑え気味に(?)爽やかなポップ・チューンで幕開けしよう。ピケティウィッチはソロ・シンガーとしてもヒットを出したポリー・ブラウンを紅一点とするイギリスの6人組ポップ・グループ。この曲は6枚目のシングルでヒットはしなかったが、代表曲の「That Same Old Feeling」路線のキャッチーなナンバー。
Vol.212 No.2 (Serial No.3698)
LOOK AT THE SUNSHINE (BRITISH SUMMER TYME POP)
NEMCD 426
ROYAL BLUE SUMMER SUNSHINE DAY
3:11 1967
THE BYSTANDERS
LOOK AT THE SUNSHINE (BRITISH SUMMER TYME POP)
[SCOTT]
ザ・バイスタンダーズもイギリス出身、こちらは男性のみ6人組のポップ・グループ。このコンピレーションではキースの「98.6」など同時代のアメリカン・ポップスのカバーを好演しており、ヒット曲に恵まれた形跡はないながらも、確かな実力を窺い知れる。この曲は一発で大のお気に入りとなった、このジャケを象徴するようなサマー・オブ・ラヴ〜フラワー・ポップ・サウンドの名曲!卓越したハーモニー・ヴォーカルは前回OPのフレッシュメンと同格と言えよう。
Vol.212 No.3-6 (Serial No.3699-3702)
*** FRANKIE VALLI - CLOSEUP / VALLI***
CLOSEUP / VALLI
CCM-928
WALKING UP TO LOVE
4:33 1975
[CREWE / NOLAN]
I CAN'T LIVE A DREAM
3:18 1975
[CAPITONELLI]
EASILY
3:23 1976
[ALESSI / ALESSI]
CAN'T GET YOU OFF MY MIND
3:02 1976
[KOSTER / PIKE / RANDAZZO]
FRANKIE VALLI
CLOSEUP / VALLI
ここ数ヶ月ヘヴィ・ロテしていて「フランキー・ヴァリはもっとアラフォー世代の女性に聴かれるべきだ!」という思いが沸き上がってくる。ただ流行語を適当に言ってるわけではない。今までいろんな曲を聴いてきたけれど、こういうのが1番落ち着くな、みたいな感覚で、彼女たちがハマりそうなサウンドなのにと思うのはわたしだけだろうか。ヴァリの歌に癒されるのがわたしだけだったら、実に"もったいない!"  そんなわけで、今回は充実したキャリアなしでは作れないオトナ感たっぷり味わえる70's半ばの2in1より、特別お気に入りなのでそれぞれ2曲ずつ計4曲セレクトした。最初の2曲は1975年発売の「CLOSEUP」収録。 1曲目はこのアルバムから全米NO.1に輝いた「MY EYES ADORED YOU」と同じ作者による甘くしっとりとしたスタンダードな雰囲気の傑作バラード。2曲目は打って変わって躍動的なアップ・テンポのキャッチーなポップ・ナンバー。若々しさ溢れるノリの良い作風で3分間パラダイスのシングル向きだが実際はどうだったのだろう。次の2曲は1976年発売の「VALLI」収録。3曲目はこれまた一聴でポップス・ファンの心を掴むメロウなミディアム・テンポのポップ・バラード。ポップ・デュオ、アレッシー・ブラザーズの作品でシングルになったそうだが、良い曲なのに残念ながらノー・チャートであった。最後4曲目も一聴ノック・アウト・タイプの華麗なポップ・ナンバー。当時のヒット曲路線だし、こういった作風はディスコ・サウンドにも抵抗ないアラフォー世代にとっても聴きやすいだろう。ヴァリさんを間違っても古いコーラス・グループのヴォーカリストという目で見てはいけない。そうそうこれらのアルバム発売時、ヴァリさんもアラフォーでしたね。
Vol.212 No.7-8 (Serial No.3703-3704)
GOFFIN & KING : A SONG COLLECTION 1961-1967
CDCHD 1170
BRAND NEW MAN
2:15 1964
RICHARD 'POPCORN' WYLIE
[CAROL KING / GERRY GOFFIN]
HEY EVERYBODY
2:27 1963
RAMONA KING
[CAROL KING / GERRY GOFFIN]
GOFFIN & KING : A SONG COLLECTION 1961-1967
恒例aceのオムニバス・コーナー。今回は後回しにされてしまった昨年発売のソングライター・シリーズより、超大御所ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング夫妻の1961年−1967年の作品集を取り上げました。この作品集、星の数ほどあるヒット曲の中からそれほど知られていない曲を中心にセレクトした「中級者」向けの興味深い内容。今回は初めて聞く名前のアーティストの初めて聴く曲を2曲セレクトした。もちろん全然ヒットしていないが、さすが引き寄せられるメロディに感服。さて、1曲目のリチャード・ポップコーン・ワイリーなる人は59-62年までモータウン・レコードに所属していた黒人シンガー。この曲はコロムビアからの発売で、イントロのメロディーから終始耳を奪う非常にキャッチーなバブルガム・ソウル・チューン。プロデュースは名手アル・カシャ。2曲目のラモナ・キングは何者か定かではないが、キャロル・キングの親族というわけではなさそうで、ソウルフルな歌唱法からして黒人女性シンガーと思われる。ソロ・デビューを狙う有望そうなセッション・シンガーの1人とかではなかったのだろうか。こちらも売れ筋ソウルフル・ポップ。
Vol.212 No.9-10 (Serial No.3705-3706)
RIFF RAFF
BVCM-35290
SOMETHING ABOUT YOU
3:04 1984
[EDDIE HOLLAND / DOZIER / BRIAN HOLLAND]
RULES OF THE GAME
4:10 1984
[DAVID]
DAVE EDMUNDS
RIFF RAFF
デイヴ・エドモンズの紙ジャケ・シリーズ、これから1枚ずつGGOで取り上げようという魂胆です。今回は前回に引き続きELOのジェフ・リンをプロデューサーに迎えた楽曲を含む曰くつき?!アルバムの第2弾。「曰く」というのも似たもの同士と思われるデイヴとジェフなのに、いざコラボという形ではどちらかというと否定派が多かったということなのだ。私は無知なせいかここでもELOサウンドが聴ける!と喜んでしまうのに・・・。さて、1曲目はアルバムにも1曲目に登場のパワフルなロック・ナンバー。モータウンのスーパー・グループ、フォー・トップスの好カバーで、ポップな雰囲気ではあるもののELOサウンドに包まれてはいない。今回はELOぽくない「ロック・テイスト」の濃いナンバーをあえてセレクトしているので、2曲目も変化に富みながらも分りやすいメロディラインに乗せられるハイ・テンションなロックン・ナンバー。こういう作品を84年にリリースしてるような人だったんだ。周りの状況(?)は考えず、やりたいことを貫いてたんですね。
Vol.212 No.11 (Serial No.3707)
KISSING TO BE CLEVER
VJCP-68869
TIME (CLOCK OF THE HEART)
3:44 1983
CULTURE CLUB
KISSING TO BE CLEVER
[CULTURE CLUB]
バック・トゥ・ザ・80’S! カルチャー・クラブ懐かしいねぇ(≧▽≦) 私は1985年からのリアルタイムなので「全盛期」には僅かに追いつけなかったが、日本でも人気あったせいか彼らの存在はリアルタイムを象徴するような気がしてしまう。ヴィジュアルのインパクトだけでなく、曲も良かった。てなわけで、紙ジャケに反応し先頃一気買いしてしまったアルバム群よりデビュー盤から1曲いきましょう。これはボーナス・トラックでの収録だが、全米チャート最高2位を記録した代表的なヒット・シングル。グッとくるメロディー・ラインの哀愁帯びたミディアム・ポップ・バラード。
Vol.212 No.12 (Serial No.3708)
続・僕たちの洋楽ヒット VOL.1 (1955-1958)
BVC2-34009
MARIANNE
2:22 1957
TERRY GILKYSON & THE EASY RIDERS
続・僕たちの洋楽ヒット VOL.1 (1955-1958)
[GILKYSON / DEHR / MILLER]

テリー・ギルキーソンとイージー・ライダースは1940年代から活動しているペンシルバニア州出身テリー・ギルキーソン率いるフォーク・コーラス・グループ。このコンピに収録されていることから日本でも受けたということでしょう。この曲は彼らの代表曲で全米チャート最高4位を記録したカリプソ風のナンバー。The Hilltoppersのバージョンもヒットした。尚、このソングライター・チームはディーン・マーティンの「Memories Are Made Of This」、ブラザーズ・フォアの「Greenfields」など大ヒット曲も書いている。

Vol.212 No.13-14 (Serial No.3709-3710)
BILLY FURY THE 40TH ANNIVERSARY ANTHOLOGY
844 874-2
JEALOUSY
2:49 1961
[GADE / MAY]
IN SUMMER
2:46 1963
[MURTAGH / MURTAGH / ADAMS]
BILLY FURY
BILLY FURY THE 40TH ANNIVERSARY ANTHOLOGY
ビリー・ヒューリー(フューリーかな?)を「今」知っている、とか、聴いてみたい、とか、好きだ!という方はいるのだろうかずーっと思い続けていた。でも本当にいるんですね。mixiミュージックにて再生メンバー数: 13 人!! もちろんビリーの魅力を考えれば余りに少なすぎるけど、誰でも構わず聴かれる、というより、本当に「判る」ファンに深く愛されるアーティストといえる可能性はあるってことだよね。という日本では至ってマイナーなビリー君、2枚組ものアンソロジーが組まれることからしてヒット曲を多数放ったイギリス(リヴァプール出身)のロックンローラーなのだ。ビートルズ以前、全米では不発、というのがネックになってるんだろうね。思いっきりエルヴィス唱法なのも受け入れ先をコアなものにしてしまってるし・・・。てな話はこの辺で、今日は2曲聴いてもらいます。1曲目は最大のヒット・シングルで全英チャート最高2位のダイナミックなロック・ナンバー。若いのに堂々たるヴォーカル!なんと優雅でカッコいいんでしょう!こんなに上手くて顔も良いのに、なんで皆さん放っておけるんでしょうか。2曲目、こちらも大ヒット、全英チャート最高5位を記録したポップなサマー・ソング。打って変わってティーン・アイドルらしさをチラッと見せた愛らしいポップ・ナンバー。この人がアメリカ人だったら絶対リック・ネルソンみたいになれたのにーーー!!!! ちょっとは気になった?
Vol.212 No.14 (Serial No.3711)
CRAIG FULLER ERIC KAZ
VSCD-5269/70
RESTLESS SEA
4:21 1978
CRAIG FULLER & ERIC KAZ
CRAIG FULLER ERIC KAZ
[ERIC KAZ ]
クレイグ・フラーとエリック・カズのこのCDはこちらにも絶賛掲載している大のお気に入り盤。前々回紹介したアメリカン・フライヤー解散後、メンバーだった彼らはデュオとして活動を続ける。ソロとしても充分な実力のシンガー・ソングライター同士なので曲はそれぞれで書いたもの、共作のものと混ざっている。この曲もまた良質なウエスト・コースト・サウンドで、イーグルスを思わせる爽やかなポップ・カントリー・チューン。またもや同じような曲選んでしまい、特に私はこの手の曲調が好きってことなんですね。
Vol.212 No.15-16 (Serial No.3712)
GO GIRL DREAM BABES VOLUME FOUR 22 BRIT GIRL CLASSICS FROM THE SIXTIES
RPM 259
DOWN THROUGH THE SUMMER
2:56 1967
ROSS HANNAMAN
GO GIRL DREAM BABES VOLUME FOUR 22 BRIT GIRL CLASSICS FROM THE SIXTIES
[TIM RICE / ANDREW LLOYD WEBBER]
今号は、厳しい暑さを忘れさせる?! しっとりクールなサマー・チューンでクローズしましょう。ロス・ハンナマンはロンドン出身のガール・シンガー。このジャケ写真の右側の女性である。見えないでしょうが美人です。男性の方はUKポップ・シーンの重要プロデューサーとして名高いマーク・ワーツ。この2人は夫婦のようですね。この曲は美しいストリングスのイントロに惹き込まれるクラシカルな雰囲気を漂わせた秀逸なバラード。こんな素敵な曲を聴きながら去り行く夏を見送るのも悪くはないかな。
BACKUPNEXT
Vol.212 Special ♪
CLOSEUP / VALLI
 
Goody Goody Oldies
50s-80sのステキなOldiesをたっぷり詰め込んだ“通勤用”コンピレーション・シリーズ
Back Number
201 202 203 204
205 206 207 208
209 210 211 212
213 214 215 216
217 218 219 220
221 222 223 224
225 226 227 228
229      
Previous Issues
(Vol.1-200)
Song List (Vol.1- )
1-10 11-20
21-30 31-40
41-50 51-60
61-70 71-80
81-90 91-100
101-110 111-120
121-130 131-140
141-150 151-160
161-170 171-180
181-190 191-200
201-210 211-220
221-230  
Artist Index (A to Z)
A | B | C | D | E | F | G
H | I | J | K | L | M | N
O | P | Q | R | S | T | U
V | W | X | Y | Z |
G.G.O.内をSearch
G.G.O. Artist Top 20
1 THE BEACH BOYS 91
2 THE MONKEES 47
3 THE HOLLIES 41
4 NEIL SEDAKA 40
5 THE ROLLING STONES 33
6 PAUL McCARTNEY & WINGS 32
7 THE FOUR SEASONS 28
8 CLIFF RICHARD 27
8 EVERLY BROTHERS 27
9 THE (YOUNG) RASCALS 26
9 RICK NELSON 26
10 LESLEY GORE 25
11 ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA 22
11 GEORGE HARRISON 22
11 HERMAN'S HERMITS 22
11 RASPBERRIES 22
12 ARABESQUE 20
13 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL 19
13 ERIC CARMEN 19
13 GARY LEWIS & THE PLAYBOYS 19
14 CHICAGO 16
14 EAGLES 16
15 FRANKIE VALLI
14
16 BAD FINGER 13
16 BEE GEES 13
16 DAVE DEE, DOZY, BEAKY, MICK & TICH 13
16 ELTON JOHN 13
16 PETER & GORDON 13
17 THE BEATLES 12
17 THE 5TH DIMENSION 12
17 GRASS ROOTS 12
17 THE LOVIN' SPOONFUL 12
17 PAUL REVERE & THE RAIDERS 12
17 THE TURTLES 12
18 ASSOCIATION 11
18 ELVIS PRESLEY 11
18 JOHN LENNON 11
18 ROD STEWART 11
19 BAY CITY ROLLERS 10
19 BILLY JOEL 10
19 BOBBY RYDELL 10
19 THE BYRDS 10
19 DAVE CLARK FIVE 10
19 THE SEARCHERS 10
20 BRIAN HYLAND 9
20 JAN & DEAN 9
 212現在の登場アーティスト数1859組♪
G.G.O.アイコン
曲のタイトル
演奏時間
リリース(ヒットした)年
アーティスト
アーティスト(インスト)
曲収録CDのタイトル
ソングライター
ジャケ画像は私の持っているCDからスキャンしています。常に最新の1番良いものをご紹介できるわけではないので参考程度にご覧下さい。
ロゴ - No Music No Work Goody Goody Oldies, Forever