007 慰めの報酬 ギフト DVD 1枚組 007 慰めの報酬 ギフト DVD 1枚組 /hawser750364.html,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD],3310円,goodyoldies.com,(1枚組),007/慰めの報酬 3310円 007/慰めの報酬 (1枚組) [DVD] DVD 外国映画 アクション /hawser750364.html,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD],3310円,goodyoldies.com,(1枚組),007/慰めの報酬 3310円 007/慰めの報酬 (1枚組) [DVD] DVD 外国映画 アクション

007 慰めの報酬 ギフト DVD 限定品 1枚組

007/慰めの報酬 (1枚組) [DVD]

3310円

007/慰めの報酬 (1枚組) [DVD]

商品の説明

内容紹介

シリーズ最大最高のアクション!
全世界で記録を塗りかえた最強スパイアクション最新作!!
傷ついた心が、共鳴する。


<キャスト&スタッフ>
ジェームズ・ボンド…ダニエル・クレイグ(小杉十郎太)
カミーユ…オルガ・キュリレンコ(佐古真弓)
ドミニク・グリーン…マチュー・アマルリック(家中宏)
M…ジュディ・デンチ(此島愛子)

監督:マーク・フォースター
製作:マイケル・G・ウィルソン/バーバラ・ブロッコリ
脚本:ポール・ハギス/ニール・パーヴィス/ロバート・ウェイド

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:松崎広幸

<ストーリー>
初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し、背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務める男だが、裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいるのだった。ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが……。

<ポイント>
●007最新大人気ヒット作、初廉価で登場!
● 全世界劇場公開大ヒット!
・シリーズ過去最高の世界興収達成!
・5週連続世界NO.1!
・全世界73カ国(日本含む)で初登場第1位!
●シリーズ最大最高のアクション目白押し!
ロケ地はシリーズ史上最多の6カ国、壮大なスケールの撮影を敢行。陸・海・空を背景にしたハードでリアルな闘い!
●シリーズに新しさを加えた、より深遠なドラマ性
ただひとり愛した“運命の女”の死に隠された危険な陰謀。その復讐の果てに辿り着く、運命の報酬とは何なのか ――?

<特典>
●ミュージック・ビデオ ♪アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ
●劇場予告編(1)
●劇場予告編(2)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

6代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第22弾。愛した女性を失ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを尋問。彼は事件の背後に犯罪組織の存在とを察知するが…。リニューアルジャケットの廉価版。

007/慰めの報酬 (1枚組) [DVD]

カジノロワイヤル視聴後に事前情報無しで見ました。始まりが前作の続きからだったので、ん?と思ったらまさかの続編だったんですね前作同様高評価多数ですが観終わった感想としてはやはり微妙な感じでした、前作をどう感じるかで評価が分かれる気がします。ボンドの心情的な部分をメインにしたいけど巨悪を倒す要素も入れないといけないし、ボンドガール要素でキュリレンコのストーリーも必要だしみたいな感じでどれも中途半端な気がしました。スカイフォールはもっと分かりやすく楽しめた記憶があるんですが脚本は同じなんですね他の方の評価は高いので好みの問題ですかね。☆3です。
007シリーズでは珍しい「カジノ・ロワイヤル」と二話で前後編を成す、ジェームス・ボンドの心情変化を中心に据えた重厚なストーリーの傑作だ。前作のラストでエヴァ・グリーン演じるヴァスパー・リンドとの心の安息を奪われた孤高のスパイ、ダニエル・クレイグ演じるボンドの怒りの追跡劇に頭から共感満載で没入できる珍しい作品で、愛に殉じる希少なボンドが観られるのが本作最大の特色だ。悪人も従来の世界征服を企む異常組織のスペクターではなく、NPOを隠れ蓑に私腹を肥やす子悪党なのも現実社会にマッチして面白い。ボンドガールも既成概念を撃ち破る。親の仇討ちに奔走する薄幸のオルガ・キュリレンコ演じるカミーユと言う設定も現代的だ。アフリカの貧困救済を隠れ蓑に“水”利権を巧みに操る悪党像は恐ろしく現代的で、昨今のアクション映画に多く見られる核兵器モノよりも惹き付けられる。特に本作の隠れた主役がジャンカルロ・ジャンニーニ演じるローカル・エージェントのルネ・マティスで、彼が敵の策謀に填まって敵味方双方から疑われる儚さが、国家に忠誠を誓ったスパイの時に難しい立場に追い込まれるリスクの真実味を表現していて印象的だった。同じ目的の同志が無惨に消される諜報力学のリアリズムを、平和ボケした市民に改めて知らしめる好エピソードだ。なけなしの愛を誓いながらも失ったヴァスパーの復讐とカミーユの仇討ちに奔走するボンドの姿は、国家危機を救う腕利きスパイのそれではなく、男の美学をあからさまに体現した人情派の“遠山の金さん”であり、今日の自我に正直に生きる人間的なボンド像が極めて新鮮だった。過去の007シリーズに比べれば悪のスケール感は確かに小さいが、ジェームス・ボンドの人間の器が一番大きく見える意欲的な傑作だ。ジェームスも一人の人間であり、世界の救出も一人の少女の救済も重さは同じとする製作の英断に称賛したい。昨今の少数の犠牲の上に国策が成り立つと言う、安易な政治思想に敢えて楔を打ち込む意義を描いた脚本には、心から賛同する。ダニエル・クレイグによる新装007が、単なるハード・アクションへの迎合ではなく、国家戦略と国民意思との間で相矛盾する軋轢の中で苦悩する男の、一つの答えを魅せてくれたメッセージ性に心から共感するのだ。個人と国家のシリアスな共鳴に心奪われ、派手さはないけど心に深く響く、007シリーズでは異色の父性的ボンドを味わえる心憎い傑作です。
なぜこの作品だけがレビュー少ないのか疑問ですw前作カジノロワイヤルは全体的に華やかな作りからのバットエンディング、今作ではそれの復讐がメインストーリーです。ネタバレになるので詳しい内容は敢えて書きませんが、復讐メインの為にどうしても暗く重い雰囲気になります、しかしその分ラストのボンドとMのやり取りが最高にカッコいい。復讐の鬼と化したボンド、そしてラストのクールなボンド、どんな不利な状況になろうとも部下のボンドは信頼していたM。間違いなく傑作です。個人的にはグレイク作品では一番好きです
前作カジノ・ロワイヤルからの直接ストーリーが繋がる続編映画の準備段階での脚本家労働組合のストライキがあり脚本に穴がある状態で製作されたことがとても残念です。衣装はトム・フォードやグッチが手掛けていることもありとても美しくMI6オフィスの設備もとても洗礼されているだけに余計に惜しく思えて仕方がありません。トスカを上演する劇場も美しいしデニム姿の007が見れるのも面白いです。アクションはカット割りが多く正直何をしているのかわからない箇所もありますがエネルギッシュさはとても伝わりました。肝心のストーリーは穴だらけで伏線が回収されていなかったり「あいつは誰だったんだ?」となってしまったりと、、、自分で補完するしかありません(苦笑)公開を遅らせてでも脚本の完成を待つべきでした。
ちょっとディープな生物の世界
やばい生き物
生物動画
もっと見る
もっと見る