全国一律送料無料 ファイナル プロジェクト DVD 571円,[DVD],ファイナル・プロジェクト,goodyoldies.com,/hoyunine-2/,DVD , 外国映画 , アクション 全国一律送料無料 ファイナル プロジェクト DVD 571円,[DVD],ファイナル・プロジェクト,goodyoldies.com,/hoyunine-2/,DVD , 外国映画 , アクション 571円 ファイナル・プロジェクト [DVD] DVD 外国映画 アクション 571円 ファイナル・プロジェクト [DVD] DVD 外国映画 アクション

プレゼント 全国一律送料無料 ファイナル プロジェクト DVD

ファイナル・プロジェクト [DVD]

571円

ファイナル・プロジェクト [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   香港国際警察のジャッキー(ジャッキー・チェン)に、CIAから緊急指令がくだった。その任務とは、国際密輸組織のロシア人女性ナターシャ(グリシャ・エヴァ・ノナ)をウクライナまで護送すること。しかし、その簡単な任務の裏には、実は全世界を破壊させるほどの威力を持つ最終兵器の取引がからんでいた…。
   香港、ウクライナ、オーストラリアと国際色豊かな舞台設定に加え、雪山スノーモービルやヘリコプターなど、メカを駆使したド派手なアクションの数々に、まるで007シリーズを観るような想いがするジャッキー・チェン主演ならではのスパイ・アクション大作。クライマックスではクンフー・アクションも堪能できる。監督はスタンリー・トン。(的田也寸志)

レビュー

全世界を震撼させる「最終計画」を阻止するため、ジャッキーがケタはずれの迫力で魅せる‘最後’の香港アクション。チャプター付き。
--
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作総指揮: レナード・ホウ
製作: バービー・タン
監督: スタンリー・トン
出演: ジャッキー・チェン/ジャクソン・ルー/アニー・ウー/トン・ピョウ
--
内容(「CDジャーナル」データベースより)


メーカーより

           
ファイナル・プロジェクト [Blu-ray] ファイナル・プロジェクト [DVD] ファイナル・プロジェクト [DVD] ファイナル・プロジェクト ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD] ファイナル・プロジェクト [DVD]
製品仕様 Blu-ray DVD DVD DVD DVD
発売日 2015/10/14 2011/6/15 2004/6/18 2003/3/7 1998/6/25

ファイナル・プロジェクト [DVD]

私は、日本語音声が無い点はどうでもいい。ただ、中国語での会話シーンも全て英語に吹き替えられている。それに所々シーンもカットされてる。映画そのものは良いのに収録内容が最悪。
香港国際警察の捜査官ジャッキー(ジャッキー・チェン)は、CIAの依頼で、国際密輸団のメンバー、ナターシャ(グリシャエヴァ・ノナ)が、ウクライナへ向かうのを尾行する任務を負う。ウクライナで現地の警察に状況を報告し、後はゆっくり休んでから香港へ戻るつもりでいたジャッキーだったが、世界の軍事バランスを根底から覆しかねない、核弾頭の密売騒動に巻き込まれ…。ウクライナ、オーストラリアでの大掛かりのロケを敢行した『 ポリス・ストーリー 』シリーズの第4弾。ただし、シリーズの署長役のトン・ピョウ(本作が彼の遺作となった)が出たりはしているものの、直接的なつながりはなく、また、邦題でも、シリーズということがあえてぼかされている。香港の中国への返還(1997年)直前に撮られた作品。日本公開は、1996年12月14日。劇中、ジャッキーが、「これで美女がいれば『007』だ」と呟くセリフがあるが、確かに、これは、ジャッキー版007と言っていい趣の作品だ。核弾頭の密売を追って、香港を飛び出し、ウクライナ、オーストラリアへと舞台を移すスケールは、すでに、世界を股に掛ける作品―『 サンダーアーム/龍兄虎弟 』、『 プロジェクト・イーグル 』の「アジアの鷹」シリーズ―を作っていたとはいえ、ジャッキー作品としては、新機軸と言っていいと思う。香港返還を前にして、ジャッキーなりに、返還以降の映画作りの方向性を本作で模索していたところがあったのかもしれない。全編の大半で(決して得意ではない)英語を喋っているのも、香港だけでなく世界照準の作品に挑戦して行こうというジャッキーの思いの表れだろう。ただ、スケール感はあるのだが、肝心のアクションが、不思議とあまり印象に残らない。もちろん、雪原での派手な銃撃戦とスノー・バイク、スノーボード、スキー(『 女王陛下の007 』や『 私を愛したスパイ 』を彷彿とさせる)を使ったスピード感溢れるチェイス、ヘリコプターから凍結した湖へのダイブ、高層マンションの縁でのスリルに満ちた戦い、大きな脚立を使った戦い、水族館の水槽内での戦い(すべての動きがスローモーションで行われるというあたりに、寄る年波には勝てなくなってきたジャッキーの自虐が見え隠れする)…など、笑いとスリルがブレンドされた、ジャッキーならではの創意に満ち、体を張ったアクションの連続ではあるのだが、どれも、今までのジャッキー作品で観て来たような既視感があり、正直、新鮮味を感じることが出来ないのだ。それなりに楽しめるものの、全体としては生彩に乏しく、007の亜流(『 皇帝密使 』のようなパロディにまでは至っていない)という以上のものにはなっていないのが残念だ。香港返還後の映画作りの模索、自身の加齢(当時42歳)によるアクションの限界など、ジャッキーの迷いや悩みが、そのまま作品に影響してしまったのかもしれない。本DVDは、1998年のDVD黎明期に、パイオニアLDC(現・NBCユニバーサル)から発売されていたDVDの権利が切れ、その後、現在に至るまで、ワーナー・ホーム・ビデオから発売されているもの。残念なことに、(東宝東和が)日本でテレシネして作った4:3レターボックス画角の日本公開版のD2マスターがレーザーディスク時代から使われ続け、本盤も同一のマスターを使用しているようだ。細かいキズが多く、発色も鮮やかとは言い難く、ディテール表現も甘めの画質。広東語ドルビー・サラウンドの音声も、全体的に貧弱。石丸博也氏の日本語吹替えが収録。特典として、日本劇場公開版予告編が収録(4:3レターボックス、2分06秒)。本DVDは、ディスクそのものを紙の簡易パッケージ(12.5cm×19.4cm)で挟むFFP(フラストレーション・フリー・パッケージ)を採用。すでに、2010年12月から、ソニー・ピクチャーズ(その後、ユニバーサルも参入)が同様の簡易パッケージの低価格DVDを西友で発売しているが、作品を手軽に観たいという映画ファンの裾野を広げる素晴らしい形態だと思う。もちろん、ディスクを直接、紙に挟むので、記録面のキズなどが心配であるし、コレクションとしてはかなり見栄えが悪いということもあるが(最悪、別途DVDケースを買い、パッケージを自作するのもいいだろう)、そういった点にこだわらない映画ファンにとっての選択肢としては、十分ありだと思う。ちなみに、アジア公開版(スクイーズ、84分)を観るには、現在のところ、2枚組(『 ファイナル・プロジェクト ― スペシャル・エディション 2枚組 』)を手に入れるしかない。
崖からヘリに飛び移るときに危うく頭スレスレに当たりそうになったのには驚いた。その後氷の張った湖に落ちるシーンはジャッキー・チェンにしかできないスタントだろう。
全編英語はもう偽物と同じだと思う。カットシーンも多く、TV放送の録画かと思いました。