Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Billboard No.2 Songs - 1988 -

PEAK DATE & WEEKS: 2/6 & 1
TITLE(邦題): HAZY SHADE OF WINTER (冬の散歩道)
ARTIST: BANGLES
NO.1 SONG(S): COULD'VE BEEN...TIFFANY
PEAK DATE & WEEKS: 2/20 & 2
TITLE(邦題): WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS? (とどかぬ想い)
ARTIST: PET SHOP BOYS (& DUSTY SPRINGFIELD)
NO.1 SONG(S): SEASONS CHANGE...EXPOSE
FATHER FIGURE...GEORGE MICHAEL
PEAK DATE & WEEKS: 3/19 & 1
TITLE(邦題): I GET WEAK
ARTIST: BELINDA CARLISLE
NO.1 SONG(S): NEVER GONNA GIVE YOU UP...RICK ASTLEY
PEAK DATE & WEEKS: 3/26 & 2
TITLE(邦題): ENDLESS SUMMER NIGHTS
ARTIST: RICHARD MARX
NO.1 SONG(S): MAN IN THE MIRROR...MICHAEL JACKSON
PEAK DATE & WEEKS: 4/16 & 2
TITLE(邦題): DEVIL INSIDE
ARTIST: INXS
NO.1 SONG(S): GET OUTTA MY DREAMS, GET INTO MY CAR...BILLY OCEAN
WHERE DO BROKEN HEARTS GO...WHITNEY HOUSTON
PEAK DATE & WEEKS: 5/14 & 3
TITLE(邦題): SHATTERED DREAMS
ARTIST: JOHNNY HATES JAZZ
NO.1 SONG(S): ANYTHING FOR YOU...GLORIA ESTEFAN & MIAMI SOUND MACHINE
ONE MORE TRY...GEORGE MICHAEL
PEAK DATE & WEEKS: 7/9 & 2
TITLE(邦題): MERCEDES BOY
ARTIST: PEBBLES
NO.1 SONG(S): THE FLAME...CHEAP TRICK
PEAK DATE & WEEKS: 7/23 & 1
TITLE(邦題): POUR SOME SUGAR ON ME (シュガー・オン・ミー)
ARTIST: DEF LEPPARD
NO.1 SONG(S): HOLD ON TO THE NIGHT...RICHARD MARX
PEAK DATE & WEEKS: 8/6 & 2
TITLE(邦題): HANDS TO HEAVEN
ARTIST: BREATHE
NO.1 SONG(S): ROLL WITH IT...STEVE WINWOOD
PEAK DATE & WEEKS: 8/27 & 1
TITLE(邦題): I DON'T WANNA GO ON WITH YOU LIKE THAT  (アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン)
ARTIST: ELTON JOHN
NO.1 SONG(S): MONKEY...GEORGE MICHAEL
PEAK DATE & WEEKS: 9/10 & 2
TITLE(邦題): SIMPLY IRRESISTIBLE (この愛にすべてを)
ARTIST: ROBERT PALMER
NO.1 SONG(S): SWEET CHILD O' MINE...GUNS N' ROSES

AFTER TALK
この年もリアル・タイムだけれど、オールディーズと現在のヒットチャートを3対7くらいの割合で聴いてた。次の年にこれが一気に逆転するんだけどね。というわけで、88年は“リアルタイム・ヒッツの洋楽リスナーとしては最後の年”ということになるのかな。この年の大事件といえば「トップ40」のDJがお馴染みのケイシー・ケーサムからシャドウ・スティーヴンスに変ってしまったこと。その時はFM東京に「ケイシー、カムバック!」ハガキ何枚も出したっけ。ティファニーじゃないけど“思い出に抱かれて”る状態(笑)。しかしこの曲の現題「COULD'VE BEEN」ってのは直訳すると何なんだ? さて、そろそろ本題に入ろう。ノッケから、いいねぇこの曲。ってことはよくはない、2位だなんて。ブリーズは全く無名の新人だったけど、サウンドはエクセレント。共感してくれるレイディース&ジェントルマン、実はバリバリのトップ40リスナーでしたね。他、注目に値するのは「シャタード・ドリームス」。これは5/14に2位に到達し、次週3位に落ちるんだけどその次の週に2位に返り咲き、その座を2週守った。あと、ちょっと不明なんだけど「シュガー・オン・ミー」って2位でいいのカナ。だってこれフレッド・ブロンソン著の「ビルボード年間トップ100ヒッツ1956−1990」には7/23最高3位となっているんだけど、ジョエル・ホィットバーン著の「BILLBOARD'S TOP 10 CHARTS 1959-1995」でウィークリー・チャートを見ると同日“2位”になっているんだもの!?(因みに同日3位は「NEW SENSATION」 BY INXS) 大好きな曲及びグループゆえ、順位の高い方を採用したけど、どっちを信じればいいの? 真相ご存知の方、ヘルプ!

Next Year