Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Billboard No.2 Songs - 1989 -

PEAK DATE & WEEKS: 1/21 & 1
TITLE(邦題): DON'T RUSH ME
ARTIST: TAYLOR DAYNE
NO.1 SONG(S): TWO HEARTS...PHIL COLLINS
PEAK DATE & WEEKS: 2/18 & 1
TITLE(邦題): WILD THING
ARTIST: TONE LOC
NO.1 SONG(S): STRAIGHT UP...PAULA ABDUL
PEAK DATE & WEEKS: 3/4 & 1
TITLE(邦題): THE LOVER IN ME
ARTIST: SHEENA EASTON
NO.1 SONG(S): LOST IN YOUR EYES...DEBBIE GIBSON
PEAK DATE & WEEKS: 4/1 & 1
TITLE(邦題): GIRL YOU KNOW IT'S TRUE
ARTIST: MILLI VANILLI
NO.1 SONG(S): ETERNAL FLAME...BANGLES
PEAK DATE & WEEKS: 5/20 & 2
TITLE(邦題): REAL LOVE
ARTIST: JODY WATLEY
NO.1 SONG(S): FOREVER YOUR GIRL...PAULA ABDUL
PEAK DATE & WEEKS: 6/3 & 1
TITLE(邦題): SOLDIER OF LOVE
ARTIST: DONNY OSMOND
NO.1 SONG(S): ROCK ON...MICHAEL DAMIAN
PEAK DATE & WEEKS: 7/15 & 2
TITLE(邦題): EXPRESS YOURSELF
ARTIST: MADONNA
NO.1 SONG(S): IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW...SIMPLY RED
PEAK DATE & WEEKS: 8/5 & 3
TITLE(邦題): ON OUR OWN
ARTIST: BOBBY BROWN
NO.1 SONG(S): BATDANCE...PRINCE
RIGHT HERE WAITING...RICHARD MARX
PEAK DATE & WEEKS: 9/23 & 2
TITLE(邦題): HEAVEN
ARTIST: WARRANT
NO.1 SONG(S): GIRL I'M GONNA MISS YOU...MILLI VANILLI
PEAK DATE & WEEKS: 10/7 & 2
TITLE(邦題): CHERISH
ARTIST: MADONNA
NO.1 SONG(S): MISS YOU MUCH...JANET JACKSON
PEAK DATE & WEEKS: 10/21 & 1
TITLE(邦題): LOVE SONG
ARTIST: THE CURE
NO.1 SONG(S): MISS YOU MUCH...JANET JACKSON
PEAK DATE & WEEKS: 10/28 & 1
TITLE(邦題): SOWING THE SEEDS OF LOVE
ARTIST: TEARS FOR FEARS
NO.1 SONG(S): MISS YOU MUCH...JANET JACKSON
PEAK DATE & WEEKS: 11/4 & 1
TITLE(邦題): COVER GIRL
ARTIST: NEW KIDS ON THE BLOCK
NO.1 SONG(S): LISTEN TO YOUR HEART...ROXETTE
PEAK DATE & WEEKS: 12/23 & 2
TITLE(邦題): DON'T KNOW MUCH
ARTIST: LINDA RONSTADT FEATURING AARON NEVILLE
NO.1 SONG(S): ANOTHER DAY IN PARADISE...PHIL COLLINS

AFTER TALK
実はこの年、完全にオールディーズの虜になってしまった私は、ラジオでまともにエア・チェックできる番組がなくなった等も理由にリアル・タイム・ヒッツにほとんど関心を持たなくなっていた。従って現在所有している音源もほとんどないし、辛うじて聴いていたラジオの「トップ40」で流れていた曲調を思い出しながら語るに過ぎない…お許しを。てなわけだけど、ノッケから名曲登場ではないか! リンダは「アメリカ物語」の時もそうだったけど、このような素晴らしい曲が2位までしかいかないなんて悲劇の人だなぁ。よく出てくるミリ・ヴァニリは懐かしいね。グラミーの新人賞を「歌っていなかった」というショボイ理由で取り消された悲劇?の男性2人組。少なくとも“曲”はこの時代としては画期的で最高のものだったと思う。惜しい、ぜひともCD化を!(なんて関係ないか) 個人的に大プッシュしてたのは「リアル・ラヴ」…。「ルッキング・フォー…」(87年参照)の怒り再び。1位も多い人なんで同情しないけど「チェリッシュ」イイ曲だったね。ダニー・オズモンドの復活も話題だった。なかなかカッコイイ曲だったよね。ティアーズ・フォー・フィアーズのコレは前作でブレイクした後だったからめっちゃくちゃ期待された新曲だったけど、2位はマズかった。曲調気合い入り過ぎてるもんね。何気に「「ミス・ユー・マッチ」邪魔しまくってるね。でも「ラヴ・ソング」って曲は全く記憶にないのだよ…。